北米最大規模のバイオ産業コンベンションのデジタル版「BIOデジタル」に横浜から多くの企業が参加します

北米最大規模のバイオ産業コンベンションのデジタル版「BIOデジタル」に横浜から多くの企業が参加します

BIOインターナショナル・コンベンションは、毎年米国で開催され、16,000人以上の来場者、5,000以上の企業、1,800以上のスポンサーが集まる、北米最大規模のバイオ産業コンベンションです。コンベンションでは、パートナリング面談を中心に、展示、セミナー等が行われます。主催者の統計では、現時点(5月07日時点)で4,000以上の企業が登録済みで、うち40%が米国外から登録されています。米国外からの参加の中では、日本からの参加が最も多く、韓国、英国が続きます。  ...
危機下における都市間協力

危機下における都市間協力

日本では新型コロナウイルスの拡大に伴いマスク不足が続いています。4月7日には、全世帯に布マスク2枚配布が閣議決定されました。横浜市では、マスク等の調達に海外都市との協力関係が生かされています。3月30日には、姉妹友好都市である上海市からマスクを25,000枚寄贈いただきました。3月27日には、パートナー都市である北京市から消毒液を1,000本寄贈いただきました。これらマスクと消毒液の寄贈の背景には、中国が深刻な状況にあった2月に、横浜市が上海市と北京市にサージカルマスクを10,000枚ずつ寄贈したという経緯があります。 ...
SDGs自発的ローカルレビュー(VLR)先行都市の取組レポート

SDGs自発的ローカルレビュー(VLR)先行都市の取組レポート

SDGsを積極的に推進する都市の間で、都市レベルでのSDGsの進捗状況をレビューする自発的ローカルレビュー(VLR)の取組が広がっています。昨年、米国のブルッキングス研究所の呼びかけによって集まったSDGsを推進する都市間のネットワークで、VLRを実施した先行都市の経験が共有されました。そして、ブルッキングス研究所は、横浜市も参加するこのネットワークでの議論と、先行都市のVLRを基に、持続可能な開発を計画するためのツールとしてVLRの有用性と課題を考察するレポートを発表しました。...
メリーランド州モンゴメリー郡(Montgomery County, MD)

メリーランド州モンゴメリー郡(Montgomery County, MD)

地理と交通 モンゴメリー郡はメリーランド州の中央部に位置し、米国の首都コロンビア特別区(ワシントンDC)の北に接しており、ワシントンDCを中心とする大都市圏の一部に含まれている(Google Map)。郡庁所在地は基礎自治体の中で最も人口の多いロックビル市(Rockville)である。なお、米国では、住民の総意によって基礎自治体の設立が決定されるため、自治体が設立されない地域もある(非法人地域)。モンゴメリー郡では、シルバースプリング(Silver...