欧州最新ニュース

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

執筆者 | 2022年9月16日

ベルリンで毎年1週間にわたって開催される、スタートアップやエコシステムに関するイベント「アジアベルリン・サミット2022」。その公式サテライト・イベントとして、9月15日、欧州モビリティスタートアップを対象に、横浜とのイノベーション共創をテーマとしたイベント、「The Drivery Go to Japan “Yokohama” Program 」を開催しました。

横浜市は、昨年からベルリンのモビリティ分野に特化したイノベーション拠点「The Drivery」と連携をスタートし、アクセラレータであるCROSSBIE(ベルリンと横浜に拠点)をパートナーとして、横浜とのイノベーション共創に向けて取り組んでいます。今回はその一環として、The Driveryを会場としたブレックファストミーティングの機会を活用したカジュアルな雰囲気の中、40名ほどが集いました。

The Drivery Founder & CEOからのイベントの趣旨説明を皮切りに、横浜市欧州事務所長から、横浜市のスタートアップ支援、産学公民連携によるイノベーション推進、そして実証実験実績やモビリティ関連のグローバル企業の集積等を紹介。CROSSBIE JAPAN (株)COOからは、「The Drivery Go to Japan “Yokohama” Program 」の具体的な支援メニューとして、1対1のオンラインマッチングセッションや、横浜訪問時のビジネスミーティングのアレンジなどの紹介がなされました。

【参考リンク】

  • 産官学公民連携によるイノベーションの推進「横浜未来機構」について詳しくはこちら
  • 「イノベーション都市・横浜」について詳しくはこちら
  • 「The Drivery」について詳しくはこちら
  • ・CROSSBIEについて詳しくはこちら

 

欧州最新ニュース

ドイツ最大のテックスタートアップイベント「Digital Demoday 2022」が開催されました

ドイツ最大のテックスタートアップイベント「Digital Demoday 2022」が開催されました

8月18日、ドイツ最大の規模を誇るテックスタートアップイベント「Digital Demoday 2022」が、デュッセルドルフで開催されました。
バーチャルリアリティーや拡張現実、ドローン、スマートデバイス、ロボット、IoT、サイバーセキュリティー分野のスタートアップイベントで、今回のメインテーマは、「Hightech」「Sustainability」「Metaverse(仮想空間)」。ドイツ企業の他、オランダなど国内外から新技術を提案するスタートアップ企業211社などの出展がありました。

ドイツ最大のテックスタートアップイベント「Digital Demoday 2022」が開催されました

ドイツ最大のテックスタートアップイベント「Digital Demoday 2022」が開催されました

8月18日、ドイツ最大の規模を誇るテックスタートアップイベント「Digital Demoday 2022」が、デュッセルドルフで開催されました。
バーチャルリアリティーや拡張現実、ドローン、スマートデバイス、ロボット、IoT、サイバーセキュリティー分野のスタートアップイベントで、今回のメインテーマは、「Hightech」「Sustainability」「Metaverse(仮想空間)」。ドイツ企業の他、オランダなど国内外から新技術を提案するスタートアップ企業211社などの出展がありました。