北米最新ニュース

横浜市、米州地域へのプロモーションのためのウェブサイトを開設しました!

執筆者 | 2018年10月31日

横浜市は、新たな海外拠点として、ニューヨークに米州事務所の開設準備を進めています。この度、米国を中心とした米州地域へのプロモーションのためのウェブサイトを開設するとともに、米州事務所の活動を開始しました。

米州事務所はフランクフルト(ドイツ)、上海(中国)、ムンバイ(インド)に続く、横浜市にとって4つめの海外拠点となります。米州事務所では、米州地域へのプロモーションとして企業誘致活動や、横浜市内企業の米州における事業支援などを中心に、現地での機動性を生かした国際事業の推進機能や将来的な施策につなげるための政策調査機能を発揮していきます。今回開設したウェブサイトでは、対日投資関心企業及び横浜市内企業向けに、外資系企業の投資先としての横浜市の強み、横浜市及び米国の主要な産業セクターなどの情報を発信し、米州事務所への認知度・関心を高めます。

 

米州事務所最新ニュースはこちら

横浜市の在外事務所

 

北米最新ニュース

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

グリーンタウン・ラボのメンバー企業・卒業企業の創業者は、マサチューセッツ州内の大学出身者であることが多い。特に、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者が創業したスタートアップは、グリーンタウン・ラボの全メンバー企業・卒業企業の中で最も多いおよそ4分の1を占める。[1] このことは、MITがボストン...

Indo Japan Cultural Festival に参加

Indo Japan Cultural Festival に参加

1月21日(土)と22日(日)に本市の姉妹都市であるインド・ムンバイ市のWorld Trade Centreで、印日協会主催の「Indo Japan Cultural Festival」...