北米最新ニュース

ET/IoT 2018に「横浜パビリオン」出展し、市内企業のビジネス展開を支援

執筆者 | 2018年11月19日

横浜市及び公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)は、IoTオープン・イノベーションパートナーズ(I・TOP横浜)の活動の一環として、2018年11月14日~16日にパシフィコ横浜で開催された組込み/IoT総合技術展2018(ET/IoT2018)に「横浜パビリオン」を出展しました。横浜パビリオンの出展は今回で11回目となります。I・TOP横浜参加企業を含め、横浜市内の組込み/IoT関連企業15社がブースを設置。各社は最新技術やサービスを来訪者にアピールしました。

出展企業(50音順):アイウェーブ・ジャパン(株)、アートワーク(株)、アクロクエストテクノロジー(株)、(株)インターマインド、(株)カルチ、ギトウシステムズ(株)、きもと特急電子設計、コミュニクラウドジャパン(株)、(株)ジェイエスピー、スカイアクシーズ(株)、(株)デジタルメーカー、ハル・エンジニアリング(株)、ファルコン電子(株)、峰光電子(株)、MedVigilance (株)

I・TOP横浜は、業種や企業規模の枠組みを超えて、IoT関連ビジネスを目指すプレーヤーの「連携」を図ることを目的として、横浜市が2017年4月に立ち上げたプラットフォームです。IoTに関連して技術革新が進む、ビッグデータ解析、AI(人工知能)、ロボット等の技術を対象としています。個別プロジェクトの実施やマッチング、新ビジネスの創出や社会課題の解決、中小企業の生産性向上、チャレンジ支援などを行っています。2018年10月現在、I・TOP横浜には360社を超える企業・団体が参加しています。

北米最新ニュース

第12回「持続可能な都市ハイレベルセミナー」に参加し、アジアにおけるSDGsの自発的自治体レビュー(VLR)の推進について議論しました

第12回「持続可能な都市ハイレベルセミナー」に参加し、アジアにおけるSDGsの自発的自治体レビュー(VLR)の推進について議論しました

日本国環境省、ラオス国天然環境資源省、ASEANアセアン環境的に持続可能な都市に関する作業部会(AWGESC)、ASEAN事務局の主催による、第12回「持続可能な都市ハイレベルセミナー」に横浜市が招待され、アジアにおけるSDGsの自発的自治体レビュー(VLR)の推進について議論しました。持続可能な都...