北米最新ニュース

ET/IoT 2018に「横浜パビリオン」出展し、市内企業のビジネス展開を支援

執筆者 | 2018年11月19日

横浜市及び公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC横浜)は、IoTオープン・イノベーションパートナーズ(I・TOP横浜)の活動の一環として、2018年11月14日~16日にパシフィコ横浜で開催された組込み/IoT総合技術展2018(ET/IoT2018)に「横浜パビリオン」を出展しました。横浜パビリオンの出展は今回で11回目となります。I・TOP横浜参加企業を含め、横浜市内の組込み/IoT関連企業15社がブースを設置。各社は最新技術やサービスを来訪者にアピールしました。

出展企業(50音順):アイウェーブ・ジャパン(株)、アートワーク(株)、アクロクエストテクノロジー(株)、(株)インターマインド、(株)カルチ、ギトウシステムズ(株)、きもと特急電子設計、コミュニクラウドジャパン(株)、(株)ジェイエスピー、スカイアクシーズ(株)、(株)デジタルメーカー、ハル・エンジニアリング(株)、ファルコン電子(株)、峰光電子(株)、MedVigilance (株)

I・TOP横浜は、業種や企業規模の枠組みを超えて、IoT関連ビジネスを目指すプレーヤーの「連携」を図ることを目的として、横浜市が2017年4月に立ち上げたプラットフォームです。IoTに関連して技術革新が進む、ビッグデータ解析、AI(人工知能)、ロボット等の技術を対象としています。個別プロジェクトの実施やマッチング、新ビジネスの創出や社会課題の解決、中小企業の生産性向上、チャレンジ支援などを行っています。2018年10月現在、I・TOP横浜には360社を超える企業・団体が参加しています。

関連ページ

北米最新ニュース

市民の足を支えるIoT事業から考える、 横浜で働くこと

市民の足を支えるIoT事業から考える、 横浜で働くこと

日本有数のビジネス都市、横浜。 開港以来、文明開化の中心地として繁栄し、鉄道や水道など“横浜発祥”と言われる技術が数多く生まれ、多くの技術・文化を受け入れ発信してきました。近年では、大企業の本社および研究開発拠点が多数集まるなど、ビジネス都市としてさらなる発展を遂げています。...

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

長時間の立ち仕事による足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売を行う横浜発のスタートアップ企業のアルケリス株式会社が、この度、Hi-Lex Control Inc.社へ「アルケリスFXスティック」を導入されました。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、世界有数のバイオテッククラスターである米国ボストンのスタートアップ支援機関CIC...

市民の足を支えるIoT事業から考える、 横浜で働くこと

市民の足を支えるIoT事業から考える、 横浜で働くこと

日本有数のビジネス都市、横浜。 開港以来、文明開化の中心地として繁栄し、鉄道や水道など“横浜発祥”と言われる技術が数多く生まれ、多くの技術・文化を受け入れ発信してきました。近年では、大企業の本社および研究開発拠点が多数集まるなど、ビジネス都市としてさらなる発展を遂げています。...

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

2024年2月13日(火)、市内企業の興栄商事株式会社が「タイにおける電気・電子機器廃棄物のITAD事業及びリサイクル事業に関する説明会」をホリデイインバンコクスクンビットセミナー会場開催しました。...