北米最新ニュース

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

執筆者 | 2022年7月19日

7月 11 日(月)にポーランドのジェシュフにて、横浜市国際局グローバルネットワーク担当理事赤岡謙が、ウクライナ駐箚日本国特命全権大使及び独立行政法人国際機構(JICA)の代表立会いの下、姉妹都市であるオデーサ市の二人の副市長と面会し、移動式浄水装置の目録をお渡しするとともに、現在の状況などについて意見交換を行いました。

 

お渡ししたのは、一日当たり10万人分の飲料水を確保できる、移動式浄水装置33台( JFEエンジニアリング株式会社からのご寄附11台を含む)と、発動発電機 31台と、延長コード 31個など。

オデーサ市のセルギー・テトゥユヒン副市長は、「水は誰にとっても必要不可欠なものであり、このような強力なサポートがあることはとても幸せなことです。横浜市のような心強い友人がいてよかったと感じています。戦後の持続的な復興に横浜市などパートナーの協力を期待しています。」と感謝の言葉を述べました。

 

出席した横浜市国際局の赤岡グローバルネットワーク担当理事は、「今回の移動式浄水装置の支援は、60 年近く続く姉妹都市交流の歴史の中でも、特に顕著な両市の友好関係の証となる取組だと考えます。日本の自治体によるインフラ分野での支援はこれが初めてであり、横浜市は今後も支援を行っていきたいと思います。」とコメントをしました。

今後、JICA の協力のもとに、オデーサ市までの安全な輸送ルートを検討し、オデーサ市民の皆様に浄水装置を着実にお届けします。

北米最新ニュース

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

横浜市は米国・ブルッキングス研究所が主催する都市間ネットワーク「SDGsリーダーシップ都市連合」に参加しています。この度、3年間にわたる同ネットワークでの議論の成果となるレポートが、ブルッキングス研究所より公表されました。SDGsは2015年に国際連合で採択されたグローバル目標です。目標年次である2...

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

横浜市は米国・ブルッキングス研究所が主催する都市間ネットワーク「SDGsリーダーシップ都市連合」に参加しています。この度、3年間にわたる同ネットワークでの議論の成果となるレポートが、ブルッキングス研究所より公表されました。SDGsは2015年に国際連合で採択されたグローバル目標です。目標年次である2...