COVID-19

ニューヨークから最新のニュースや最新情報を入手する

COVID-19 Update #7・Supercharger

COVID-19 Update #7・Supercharger

夏の訪れを告げる Memorial Day(戦没将兵追悼記念日)の5月25日、NY州では期せずして良いニュースが二つ重なった。 一つは死者数が二日連続で100人を下回り73人なったこと。18人から81人へと一日の死亡が激増し、行政命令 “New York State on Pause” が発効した3月22日以来の低い水準である。もう一つは再開計画 “New York Forward” の “7つの基準” を10の地域のうち9地域がすべてクリア。経済再開が待たれるのは New York City だけとなった。...

続きを読む
COVID-19 Public Policies #3 NYの医療システムは感染拡大にいかに対応したのか

COVID-19 Public Policies #3 NYの医療システムは感染拡大にいかに対応したのか

5月15日、ニューヨーク州の一部の地域と業種で、営業の再開が認められた。在宅勤務と自宅待機を要請した行政命令(NYS on PAUSE政策)が3月22日に発令されて以来、約2か月ぶりの再開だ。この間、ニューヨーク州は世界最大の感染地域となり、感染者は35万人以上、死亡者は2万人以上に上った。急激な感染拡大に対して、ニューヨークの医療システムはどのように対応したのか。   医療需要の最小化...

続きを読む
COVID-19 Update #6・New Normal

COVID-19 Update #6・New Normal

経済社会活動の再開が、NY州では5月15日、北部の一部地域で始まった。NY市域については、州の再開計画 “New York Forward” の ”7つの基準” のうち3つしかクリアできていないため、Stay-at-Home を求める行政命令 “New York State on Pause” が5月28日まで延長された。こうしたなか、ニューヨークの密を利点として活かして仕事をしてきた、いまニューヨークで今後を考えている企業の再開への取り組みが注目される。 “New York...

続きを読む
COVID-19 Update #5・Facts and Data

COVID-19 Update #5・Facts and Data

5月15日、NY州も北部で一部地域が再開した。 再開地域では、例えば、小売店でまだ買物はできないが、あらかじめ頼んでおいたものを受け取ることができる。ガーデンセンター、建設業、製造業などが再開可能になった。やっと漕ぎつけた経済社会活動再開の第一段である。 クオモNY州知事は、COVID-19の対策にあたって Facts and Data を一貫して重視してきた。毎日の記者会見は、冒頭に前日の総入院者数、前日一日あたりの新規入院者数と死亡者数を説明し、その増減を確認することから始まる。 今回の再開計画 “New York...

続きを読む
COVID-19 Public Policies #2 ニューヨークはいかにして検査数を増やしたのか

COVID-19 Public Policies #2 ニューヨークはいかにして検査数を増やしたのか

ニューヨーク州の新型コロナウイルス抑制策は、大きく三つの柱、①検査数を増やすこと、②人の密度を減らすこと、③医療システムの能力を強化すること、から成っていた。この中で、「検査」は抑制策の鍵であったとともに、社会経済再開に向けての鍵ともなっている。ニューヨークは、世界一のホットスポット(感染拡大地)であったのと同時に、人口当たりの検査数も他国と比べ圧倒的に多い。感染拡大のピークが過ぎ、下り坂になってからも、検査能力を拡大し続けている(5月12日時点)。ニューヨーク州及び市はいかにして検査能力を高めていったのか。  ...

続きを読む
COVID-19 Update #4・Wash Your Hands🎶

COVID-19 Update #4・Wash Your Hands🎶

朗報 ! 「手洗いやマスクの着用がCOVID-19を防ぐことが示唆された」 クオモ知事は、抗体検査の結果を得てこう語った。 5月6日のNY州における死者数は231人となり、7日連続で300人を下回った。入院者数を含めすべての数字が減少傾向、よい方向にあるが、その推移をみれば感染の拡大は急激、減少には時間がかかることがわかる、と現状を評した。...

続きを読む