北米最新ニュース

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校グローバル担当副学長が横浜を訪問しました

執筆者 | 2019年3月1日

2月13日から15日に、横浜市米州事務所の働きかけで、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校のジュン・リュウ グローバル担当副学長が横浜市を訪問しました。滞在期間中、林市長や複数の市内大学を訪問し、留学やスタートアップ支援などの大学間交流の可能性について協議を行いました。

ストーニーブルック校は、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学と同じ大学連盟(AAU)に加盟しており、ノーベル賞受賞者を含む優れた教授陣が集まる全米トップクラスの総合大学です。特に医学と工学との連携に強みを持っており、横浜市内の大学との包括的で、戦略的な連携に大変意欲を持っています。

留学やスタートアップ支援など、大学間の具体的な交流に向けて、米州事務所がハブとなり、今後も継続して支援していきます!

関連リンク:

北米最新ニュース

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、横浜市米州事務所は、現地の専門支援機関と連携し、横浜市内企業の米国市場開拓を支援...

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

ベルリンで毎年1週間にわたって開催される、スタートアップやエコシステムに関するイベント「アジアベルリン・サミット2022」。その公式サテライト・イベントとして、9月15日、欧州モビリティスタートアップを対象に、横浜とのイノベーション共創をテーマとしたイベント、「The Drivery Go to...

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、横浜市米州事務所は、現地の専門支援機関と連携し、横浜市内企業の米国市場開拓を支援...