北米最新ニュース

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校グローバル担当副学長が横浜を訪問しました

執筆者 | 2019年3月1日

2月13日から15日に、横浜市米州事務所の働きかけで、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校のジュン・リュウ グローバル担当副学長が横浜市を訪問しました。滞在期間中、林市長や複数の市内大学を訪問し、留学やスタートアップ支援などの大学間交流の可能性について協議を行いました。

ストーニーブルック校は、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学と同じ大学連盟(AAU)に加盟しており、ノーベル賞受賞者を含む優れた教授陣が集まる全米トップクラスの総合大学です。特に医学と工学との連携に強みを持っており、横浜市内の大学との包括的で、戦略的な連携に大変意欲を持っています。

留学やスタートアップ支援など、大学間の具体的な交流に向けて、米州事務所がハブとなり、今後も継続して支援していきます!

関連リンク:

北米最新ニュース

第12回「持続可能な都市ハイレベルセミナー」に参加し、アジアにおけるSDGsの自発的自治体レビュー(VLR)の推進について議論しました

第12回「持続可能な都市ハイレベルセミナー」に参加し、アジアにおけるSDGsの自発的自治体レビュー(VLR)の推進について議論しました

日本国環境省、ラオス国天然環境資源省、ASEANアセアン環境的に持続可能な都市に関する作業部会(AWGESC)、ASEAN事務局の主催による、第12回「持続可能な都市ハイレベルセミナー」に横浜市が招待され、アジアにおけるSDGsの自発的自治体レビュー(VLR)の推進について議論しました。持続可能な都...