北米最新ニュース

横浜の起業家が米国最大級のスタートアップイベント「TechDay New York」でPR

執筆者 | 2019年5月10日

2019年5月2日、横浜市は「テックデイ ニューヨーク」に初めてブースを出展しました。

ニューヨークのジェイコブ・ジャビッツ・コンベンション・センターで開催された今年のテックデイには、2万人以上の来場者と300以上の出展者が集まりました。横浜ブースは巨大な会場のちょうど中央の多くの来場者が行き交う場所に位置取ることができ、横浜からの出展企業が自社の製品・サービスを存分にPRすることができました。

今回のテックデイのため、ICONの土屋社長、エムアイストーリーの坂本代表、CODE Meeeの太田CEOが横浜からニューヨークに渡り、自社製品・サービスを来場者に紹介するとともに、ジェトロの協力を得て、投資家等へのピッチ(プレゼンテーション)を行いました。

横浜ブースに展示したユニークな製品・サービス(エムアイストーリーの首痛を軽減する「ハンモックピロー」、CODE MeeeのAIとSNSでパーソナライズするアロマ、ICONのプログラミングの概念を直感的に学べるロボット知育玩具「クミータ」、mayunowaのシルクを素材としたスキンケア用品、富士ゼロックスのパロアルト研究所の最先端の研究)に、多くの来場者が足を止め、興味を示し、出展者との多くのやり取りが生まれました。参加企業にとって、テックデイは、米国の消費者・投資家等の反応をダイレクトに得ることができ、今後の米国進出を含めたビジネス拡大に向けたマーケティングの機会となったようです。

横浜市米州事務所では、今回のテックデイをはじめ、引き続き、横浜市内企業の米国でのビジネス展開をサポートしていきます。

北米最新ニュース

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

グリーンタウン・ラボのメンバー企業・卒業企業の創業者は、マサチューセッツ州内の大学出身者であることが多い。特に、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者が創業したスタートアップは、グリーンタウン・ラボの全メンバー企業・卒業企業の中で最も多いおよそ4分の1を占める。[1] このことは、MITがボストン...

Indo Japan Cultural Festival に参加

Indo Japan Cultural Festival に参加

1月21日(土)と22日(日)に本市の姉妹都市であるインド・ムンバイ市のWorld Trade Centreで、印日協会主催の「Indo Japan Cultural Festival」...

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

グリーンタウン・ラボのメンバー企業・卒業企業の創業者は、マサチューセッツ州内の大学出身者であることが多い。特に、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者が創業したスタートアップは、グリーンタウン・ラボの全メンバー企業・卒業企業の中で最も多いおよそ4分の1を占める。[1] このことは、MITがボストン...