北米最新ニュース

第10回アジア・スマートシティ会議 オンライン・セッション 「スタートアップとの連携によるスマートシティ及びサステナビリティの促進」

執筆者 | 2021年10月5日

アーカイブ動画はこちら

今年10回目を迎えるアジア・スマートシティ会議(ASCC)(※)にて、「スタートアップとの連携によるスマートシティ及びサステナビリティの促進」をテーマに、パネルディスカッションをオンラインで開催します。企業や都市はインターナショナルなスタートアップといかに連携できるか、どのような障壁や問題があり、いかに乗り越えることが出来るかについて、スタートアップ、企業、行政との連携を手掛けるスタートアップ支援の専門家にご登壇いただきます。

スマートシティやサステナビリティの分野でアジア市場をターゲットにされているスタートアップ企業の皆さま、スタートアップとの連携をご検討されている大企業/地元企業の皆さま、海外との連携によりグローバルな都市のエコシステム形成、及び、持続可能な都市づくりに取り組む行政関係者さま、是非ご参加ください。

(※)ASCCは、アジア諸都市、政府機関、国際機関、学術機関及び民間企業等の代表者が一堂に会する横浜市主催の国際会議です。都市課題に対する成長ビジョンと革新的なソリューションなど世界の様々な知見を共有します。近年のASCC は、ビジネスチャンスを発見できる場所としても進化しています。前回会議では43か国・地域から約1,250名が参加されました。主催:横浜市、共同運営者:アジア開発銀行研究所、世界銀行東京開発ラーニングセンター。

セッション概要

日時:日本時間2021年10月28日(木)午前10:40-11:40(予定)

(米国太平洋時間10/27 午後6:40-7:40   米国東部時間10/27 午後9:40-10:40)

形式:オンライン

主催:横浜市海外事務所(ニューヨーク、フランクフルト、ムンバイ)

参加費:無料

プログラム(60分)

イントロダクション 谷澤 寿和 横浜市米州事務所
基調講演 Passakorn Chairat  タイ工業省産業振興局 副局長
パネルディスカッション

モデレーター:

Nikolai Muth (ニコライ ミューズ) 横浜市米州事務所

パネリスト:

Christian Schmitz PDIE Group Founder

髙橋 正巳 スクラムスタジオ株式会社 代表取締役社長

疋田 彰宏 株式会社グローバルDX代表取締役社長|CEO

ASCCのプログラムの一部として開催されます。ASCCのプログラム全体はこちらからご確認いただけます。https://yport.city.yokohama.lg.jp/promotion/ascc

 

アーカイブ動画

基調講演者

Passakorn Chairat タイ工業省産業振興局 副局長

2019年-現在:副局長, タイ工業省産業振興局
2018: Director, Division of Strategy and Planning, タイ工業省産業振興局
2017: Director, Industrial Promotion Center Region 1 (Chiangmai), タイ工業省産業振興局
2015: Director, Industrial Promotion Center Region 8 (Suphanburi), タイ工業省産業振興局
2008: Director of Business Opportunity Center, Bureau of Strategy and Planning, タイ工業省産業振興局
2002: Industrial Technical Officer, Bureau of Industrial Business and Entrepreneur Development Department of Industrial Promotion, タイ工業省
2001: Industrial Technical Officer, Machinery and Metal work Industry Group, Bureau of Supporting Industries Development, Department of Industrial Promotion, タイ工業省
1997: Industrial Technical Officer, Petrochemical Industry, Division of Oil and Gas Industry, Office of Permanent Secretary, タイ工業省

パネリスト

Christian Schmitz PDIE Group Founder

バイエル(Bayer)、BASF、ヘンケル(Henkel)という大手企業でのキャリアを経て、2009年以来、アヴェンタ(Aventa)を設立し、様々な外資系企業や日本企業の経営コンサルティングを提供する。複数のスタートアップの経営や投資にも携わり、PDIEグローバル・エコシステムの創業者として、世界中のイノベーターのコミュニティーを構築し、日本と世界を価値創造イノベーションで繋ぐ。ブロックチェーンスタートアップのCMOとしても活躍している。イノベーションによって、より良い世界を作っていくことにパッションを持つ。

 

髙橋 正巳 スクラムスタジオ株式会社 代表取締役社長

ソニーに入社後、日本とフランスで液晶テレビのマーケティング担当。その後、シリコンバレーでベンチャー企業の発掘、買収・投資案件に従事。2014年からUber Japanの社長としてモビリティ事業拡大に尽力し、Uber Eats を2016年に立ち上げた。2017年からWeWork Japan のゼネラルマネージャーとして、日本第一号拠点のオープンから2年間で6都市、全国30拠点を達成。2020年に最高戦略責任者に就任。2021年、スクラムスタジオ株式会社代表取締役社長に就任。オープンイノベーションを通じて、日本企業とグローバルスタートアップの新規事業創出を手掛ける。同年、Miles Japan株式会社代表取締役CEOにも就任。シカゴ大学卒(経済学専攻)、INSEADにてMBA取得。

疋田 彰宏 株式会社グローバルDX 代表取締役 CEO

富士銀行入行(現みずほ銀行)。離職後上海外国語大学へ留学。在学中に上海からチベットへ向かい、陸路ネパール・インドへ。タイを含む4カ国を、米国、ドイツ他、6カ国の異なる国籍の人間達と4ヶ月間に渡ってバックパッキング。ネパールではアンナプルナサーキット踏破。国際ビジネスに従事する原点となる。2003年、現在Infor Global社に買収されている当時のナスダック企業、Datastream Systems社の日本法人社長就任。EAM(=設備資産管理システム)を昭和シェル石油の三つの製油所をはじめ複数の装置産業向けに実装。2019年、Rainmaking Innovation社の主催する StartupBootCamp大阪プログラムに参画。 Innovation Partnerとして11カ国からなる13のスタートアップ企業と日本の大手企業7社の間で20に上る実証実験をファシリテート。2021年3月より(株)グローバルDXにて代表取締役社長。グローバル・エコシステムの構築と、それを通じた新規事業開発をサポート。上智大学経済学部卒。

北米最新ニュース

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、横浜市米州事務所は、現地の専門支援機関と連携し、横浜市内企業の米国市場開拓を支援...

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア発の気候テックスタートアップは、多くのベンチャー投資を集めている。プロフェッショナルサービス大手PwCの調査によれば、2020年後半から2021年前半にかけて世界最大の気候テック投資となる566億ドルを集めた北米において、最も活発な投資ハブとされたのがサンフランシスコ・ベ...

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

ベルリンで毎年1週間にわたって開催される、スタートアップやエコシステムに関するイベント「アジアベルリン・サミット2022」。その公式サテライト・イベントとして、9月15日、欧州モビリティスタートアップを対象に、横浜とのイノベーション共創をテーマとしたイベント、「The Drivery Go to...