北米最新ニュース

日経SDGsフェスティバル in NYCで都市のイニシアティブを議論しました

執筆者 | 2022年8月9日

米国・ニューヨークにて、同時期開催の国連ハイレベル政治フォーラム(HLPF)に合わせ、2022年7月11日、12日に、日経新聞社及び日経BP社主催による「日経SGDsフェスティバルin NYC」が開催されました。二日間に及ぶプログラムには、米国と日本の産官学の様々な分野の専門家が参加しました。2日目には、SDGsにおける都市のイニシアティブに関するセッションが行われ、米国・ブルッキングス研究所、ニューヨーク市と共に、横浜市を代表し米州事務所が登壇しました。

 

フィナンシャル・タイムズのサイモン・ムンディ氏によるコーディネートのもと、ブルッキングス研究所のトニー・ピパ上席研究員から、都市がSDGsにどのように関わり、いかに重要であるかについて、ニューヨーク市国際室のアイサッタ・カマラ次席コミッショナーからは、ニューヨーク市のSDGsへのかかわり方や自発的自治体レビュー(VLR)の成り立ちなどについて語られました。横浜市米州事務所の谷澤寿和副所長は、横浜市におけるVLRの活用や都市間連携の重要性について横浜市の経験などを紹介しました。

 

横浜市米州事務所は、2019年から3年間にわたり、ブルッキングス研究所が主宰するSDGsリーダーシップ都市連合のメンバーとして、世界のSDGs推進都市と共に、都市におけるSDGs推進について議論を重ねてきました。今回のセッションは、世界の都市や地方が、SDGsにどのように向かい合い、どのようなアクションを起こしているのかを、民間企業の関係者を中心に広く知っていただく機会となりました。横浜市は今後も公民連携によるSDGsを引き続き推進していきます。

 

 

アーカイブ配信(日本語同時通訳音声)

 

アーカイブ配信(英語)

北米最新ニュース

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、横浜市米州事務所は、現地の専門支援機関と連携し、横浜市内企業の米国市場開拓を支援...

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

7月 11 日(月)にポーランドのジェシュフにて、横浜市国際局グローバルネットワーク担当理事赤岡謙が、ウクライナ駐箚日本国特命全権大使及び独立行政法人国際機構(JICA)の代表立会いの下、姉妹都市であるオデーサ市の二人の副市長と面会し、移動式浄水装置の目録をお渡しするとともに、現在の状況などについて意見交換を行いました。

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア発の気候テックスタートアップは、多くのベンチャー投資を集めている。プロフェッショナルサービス大手PwCの調査によれば、2020年後半から2021年前半にかけて世界最大の気候テック投資となる566億ドルを集めた北米において、最も活発な投資ハブとされたのがサンフランシスコ・ベ...

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

ベルリンで毎年1週間にわたって開催される、スタートアップやエコシステムに関するイベント「アジアベルリン・サミット2022」。その公式サテライト・イベントとして、9月15日、欧州モビリティスタートアップを対象に、横浜とのイノベーション共創をテーマとしたイベント、「The Drivery Go to...