北米最新ニュース

米国発スタートアップ「テラサイクル」が横浜市内でリサイクル実証実験を開始しました

執筆者 | 2022年8月26日

米国発のソーシャルベンチャー企業「テラサイクル」の日本法人「テラサイクルジャパン合同会社(横浜市)」が2022年8月22日から横浜市役所のセブンイレブン2店舗にてパウチタイプゼリー飲料の空き容器を回収するi nゼリーリサイクルプログラムを開始しました。

テラサイクル

本プログラムは、テラサイクルジャパン合同会社と森永製菓株式会社(東京都)との連携で行われ、テラサイクルとして初となるコンビニエンスストアでの回収リサイクルプログラムとなっています。テラサイクルジャパンは2021年から横浜市内の学校を含めた全国の学校でパウチタイプゼリー飲料の回収プログラムを行っています。今回、国の「SDGs未来都市」に選定されている横浜市を舞台に、市内のセブンイレブン店舗でのパウチタイプゼリー飲料の空き容器回収実証実験により、回収リサイクル活動の拡大とさらなる可能性が検証される予定です。回収された空き容器は、リサイクルのための処理を経てペレット化され、新たな資源に生まれ変わります。

 

横浜市米州事務所では、海外スタートアップの日本・横浜でのビジネス展開を支援しています。2021年1月には「グローバル・サステナビリティ・スタートアップ・ピッチ」を開催し、テラサイクルジャパン合同会社のエリック・カワバタ氏にご登壇いただきました。持続可能な開発、そして、環境・経済・社会の好循環に向けて、今後も同社をはじめ社会課題解決型の企業と横浜市との連携が期待されます。

北米最新ニュース

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、横浜市米州事務所は、現地の専門支援機関と連携し、横浜市内企業の米国市場開拓を支援...

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

7月 11 日(月)にポーランドのジェシュフにて、横浜市国際局グローバルネットワーク担当理事赤岡謙が、ウクライナ駐箚日本国特命全権大使及び独立行政法人国際機構(JICA)の代表立会いの下、姉妹都市であるオデーサ市の二人の副市長と面会し、移動式浄水装置の目録をお渡しするとともに、現在の状況などについて意見交換を行いました。

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア発の気候テックスタートアップは、多くのベンチャー投資を集めている。プロフェッショナルサービス大手PwCの調査によれば、2020年後半から2021年前半にかけて世界最大の気候テック投資となる566億ドルを集めた北米において、最も活発な投資ハブとされたのがサンフランシスコ・ベ...

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

ベルリンで毎年1週間にわたって開催される、スタートアップやエコシステムに関するイベント「アジアベルリン・サミット2022」。その公式サテライト・イベントとして、9月15日、欧州モビリティスタートアップを対象に、横浜とのイノベーション共創をテーマとしたイベント、「The Drivery Go to...