北米最新ニュース

米国ライフサイエンス市場開拓支援プログラム2022

執筆者 | 2022年9月15日

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、横浜市米州事務所は、現地の専門支援機関と連携し、横浜市内企業の米国市場開拓を支援します。

 

プログラムの特徴

  • 参加企業の状況に応じて、米国市場参入・事業展開に必要な情報、ネットワークやパートナリング機会の獲得を支援します。
  • プログラムパートナーによるハンズオン支援をご提供します。

(1社あたり12.5時間。調査・探索・調整等、参加企業のために費やすすべての時間を含めます。)

 

<支援内容例>

市場参入戦略・販路開拓への助言・調査、パートナリング候補やKOLの探索、リストアップ、面談調整

※具体的な支援内容、スケジュールは、参加企業とプログラムパートナーとの間で調整のうえ、決定するテーラーメイド型とします。

 

<プログラムパートナー>

Kievit Scientific https://kievitsci.com/ja/

事業開発、パートナー&アライアンス探索、米国進出サポートなど、ライフサイエンスビジネスに特化した支援を提供。アメリカ東海岸にあるフィラデルフィアに拠点をおく。創業者でCEOの星場勉氏は米国及び欧州での法人設立・現地法人責任者などを経て2021年に同社を創業。中小企業庁JAPANブランド支援パートナーを務める。

 

募集企業数

最大4社

※面談による審査・選考を行います。(応募多数の場合には、書類選考を行う場合があります。)

 

参加費用

参加費用は無料です。

但し、通信費などプログラム参加に伴い生じる間接的な費用については、自己負担となります。

 

応募要件

以下の要件全てを満たす必要があります。

  • 横浜市に本社を置く中小企業であること
  • ライフサイエンス分野の企業であること
  • 米国での事業展開を目指していること(経営者のコミットメントが得られていること)
  • 英語でのビジネスコミュニケーションが可能であること
  • プログラム実施後、横浜市が行うアンケート、ヒアリングなどによる事業成果(商談成約の状況等を含む)の把握や、本市のセミナーやWEBサイト等を通じた事業成果の発信等に協力いただけること

次の項目に該当する場合には、応募できません。

  • 暴力団(横浜市暴力団排除条例(平成23年横浜市条例第51号。以下「条例」という。)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)又は代表者若しくは役員のうちに暴力団員(条例第2条第3号に規定する暴力団員をいう。)に該当する者がある法人であること。
  • 市税等の滞納があるものその他、法令等に違反する行為を行っているもの。

 

スケジュール

募集開始 日本時間2022年9月16日(金)
応募締切 日本時間2022年10月7日(金)17時まで
審査・選考結果通知

2022年10月

*プログラムパートナーの来日に合わせ、日本時間10月19日午後にプログラムパートナーによる審査面談を予定しています。日程が合わない場合は別途オンラインでの面談機会を設けます。応募多数の場合、書類選考する場合があります。

*選考結果は、10月31日までにE-mailでお知らせします。

プログラム実施

2022年11月から2023年2月末

*1社あたり12.5時間

*具体的なスケジュールは、参加企業とプログラムパートナーとの間で調整のうえ決定します。

 

申し込み方法

  • 申請書様式(※1)をダウンロードいただき、プレゼンテーション資料(※2)と共に事務局までEメールでご提出ください。

お申し込み後3営業日以内に事務局から受領確認のEメールをお送りいたします。(受領確認のEメールがない場合、事務局までお問合せください。)

(※1)申請書ダウンロード(ダウンロードできない場合は、事務局までお問い合わせください。)

(※2)プレゼン資料(日本語又は英語):以下項目を含むプレゼン資料を申請書と共に事務局までご提出ください。資料から内容が理解できるように工夫してください。

  • ターゲット(ターゲット顧客、市場性)
  • プロダクト・サービス(ソリューション、競合優位性)
  • 実績・計画(過去の実績、事業計画)
  • 体制・専門性(組織/チーム、米国事業の体制、チームの専門性)

 

<事務局>

横浜市米州事務所(担当 谷澤、ミュース)

Email: info@businessyokohama.com

 

応募締切

日本時間2022年10月7日(金)17時まで

 

審査

プログラムパートナーによる審査を行います。

目的、ターゲット、プロダクト/サービス、実績・計画、体制・専門性、マッチングの視点に基づき、総合的に審査します。

 

留意事項

応募企業が申請書類に虚偽の記載をした場合は、申込を無効とします。

また、参加決定後に申請書類に虚偽の記載が明らかになった場合または応募要件を満たさなくなった場合は、参加を取り消すとともに、主催者の経費負担分について返還を請求する場合があります。

 

免責事項

  • プログラムパートナーが面談紹介を試みる場合、必ずしも希望相手との面談取り付けを保証するものではありません。
  • 横浜市は、面談相手との商談に関するトラブルなど本プログラムの参加に伴い生じた不利益等については、一切責任を負わないものとします。

北米最新ニュース

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

7月 11 日(月)にポーランドのジェシュフにて、横浜市国際局グローバルネットワーク担当理事赤岡謙が、ウクライナ駐箚日本国特命全権大使及び独立行政法人国際機構(JICA)の代表立会いの下、姉妹都市であるオデーサ市の二人の副市長と面会し、移動式浄水装置の目録をお渡しするとともに、現在の状況などについて意見交換を行いました。

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア発の気候テックスタートアップは、多くのベンチャー投資を集めている。プロフェッショナルサービス大手PwCの調査によれば、2020年後半から2021年前半にかけて世界最大の気候テック投資となる566億ドルを集めた北米において、最も活発な投資ハブとされたのがサンフランシスコ・ベ...

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

欧州モビリティスタートアップ向け、横浜とのイノベーション共創に向けたイベントを実施しました。

ベルリンで毎年1週間にわたって開催される、スタートアップやエコシステムに関するイベント「アジアベルリン・サミット2022」。その公式サテライト・イベントとして、9月15日、欧州モビリティスタートアップを対象に、横浜とのイノベーション共創をテーマとしたイベント、「The Drivery Go to...