北米最新ニュース

世界のToDoリスト都市キャンペーンに横浜市が参加します

執筆者 | 2022年9月21日

世界のToDoリスト(World’s To Do List)は、国際連合のグローバルパートナーである非営利団体「Project Everyone」が2021年に立ち上げたSDGsの国際的な普及啓発プロジェクトです。17ゴールの付箋紙を実際の建築物やデジタル上に張り付け、SDGsの認知度を高め、SDGs推進のための行動を促します。

「世界のToDoリスト都市キャンペーン」では、SDGsを推進する世界の都市が主体となり、グローバル・ゴール・ウィーク(9月16日~25日)(※)に、ソーシャルメディアなどを通して展開される予定です。このキャンペーンは、世界のリーダーが集まる国連総会の時期に合わせ、都市の行動が世界に与える影響を強調することで、都市によるグローバル目標の達成のための資金や技術支援などの施策を引き出すことが目的とされています。

(※)キャンペーン開始日が 9 月 22 日(木)に変更となりました。

横浜市は、世界のToDoリスト都市キャンペーンの目的に賛同し、キャンペーン期間中、新興都市の都市開発支援やウクライナへの人道支援など、横浜市のSDGsへの取り組みを発信します。

 

横浜市の他、多くの都市が、世界のToDoリスト都市キャンペーンへの参加を表明しています。(主な参加表明都市)

Barcarena(バルカレナ), Bogota(ボゴタ), Bristol(ブリストル), Cannes(カンヌ), Curitiba(クリチバ), Doha(ドーハ), Durban(ダーバン), Freetown(フリータウン), Liverpool(リバプール), London(ロンドン), Londrina(ロンドリーナ), Mexico City(メキシコシティ), Milan(ミラン), New York(ニューヨーク), Yokohoma(横浜)

以下の投稿素材をご利用いただけます(※)。

  • 同キャンペーンに賛同いただける団体や個人の皆さま、SDGsへの思いを、#WorldsToDoList#GlobalGoalsのハッシュタグと共に、皆さまのソーシャルメディアに投稿しませんか。
  • 横浜市国際局の投稿シェアも歓迎いたします。

https://www.facebook.com/city.yokohama.kokusai

 

(※)本キャンペーンのための非商用での利用に限ります。

北米最新ニュース

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

グリーンタウン・ラボのメンバー企業・卒業企業の創業者は、マサチューセッツ州内の大学出身者であることが多い。特に、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者が創業したスタートアップは、グリーンタウン・ラボの全メンバー企業・卒業企業の中で最も多いおよそ4分の1を占める。[1] このことは、MITがボストン...

Indo Japan Cultural Festival に参加

Indo Japan Cultural Festival に参加

1月21日(土)と22日(日)に本市の姉妹都市であるインド・ムンバイ市のWorld Trade Centreで、印日協会主催の「Indo Japan Cultural Festival」...

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

グリーンタウン・ラボのメンバー企業・卒業企業の創業者は、マサチューセッツ州内の大学出身者であることが多い。特に、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者が創業したスタートアップは、グリーンタウン・ラボの全メンバー企業・卒業企業の中で最も多いおよそ4分の1を占める。[1] このことは、MITがボストン...