北米最新ニュース

神奈川県の食品が、海外向けの日本食サブスクリプションボックス(ココロケアパッケージ)で特集されました

執筆者 | 2020年11月9日

神奈川県の自然派食品が、海外に日本食ギフトを定期配送するサービス(サブスクリプションボックス)を展開するKokoro Care Packages(ココロケアパッケージ)で特集されました。横浜からは、純正ごま辣油(岩井の胡麻油株式会社)と玄米 × 味噌 シリアルバー さっぱり梅かつお(ジャパンエナジーフード合同会社)が採用されています。

ココロケアパッケージは、化学調味料無添加・自然派な食品を日本の地方から厳選し、それらの食品の成分や使い方、生産者のストーリーについて英語の説明書や記事をつけて海外へ発送しています。同社商品は定期購読(サブスクリプション)を基本としていますが、今回の神奈川県特集は、下記ページから単発での購入も可能となっています。(数量限定)

神奈川県には、日本を代表する国際都市 横浜、日本有数の温泉地 箱根、大仏で有名な鎌倉など、多くの魅力が詰まっています。多様な文化や豊かな自然環境の中で育まれた特色のある物産の中から、今回は以下の食品が特集されました。ココロケアパッケージを通じて、日本の地方の食品を発掘してみてはいかがでしょうか。

  • 鎌倉大仏あめ(駄菓子や長谷店、鎌倉市)
  • 納豆麹(豊国屋、相模原市)
  • 純正ごま辣油(岩井の胡麻油株式会社、横浜市)
  • 風のそうめん(かねこ製麺、中井町)
  • 玄米 × 味噌 シリアルバー さっぱり梅かつお(ジャパンエナジーフード合同会社、横浜市)
  • 杜仲茶(有限会社碧山園、愛川町)

 

関連リンク

 

関連記事

北米最新ニュース

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

グリーンタウン・ラボのメンバー企業・卒業企業の創業者は、マサチューセッツ州内の大学出身者であることが多い。特に、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者が創業したスタートアップは、グリーンタウン・ラボの全メンバー企業・卒業企業の中で最も多いおよそ4分の1を占める。[1] このことは、MITがボストン...

Indo Japan Cultural Festival に参加

Indo Japan Cultural Festival に参加

1月21日(土)と22日(日)に本市の姉妹都市であるインド・ムンバイ市のWorld Trade Centreで、印日協会主催の「Indo Japan Cultural Festival」...