北米最新ニュース

世界最大規模のバイオ産業国際展示商談会「Bio International Convention (BIO)」が3年ぶりに対面開催されました

執筆者 | 2022年6月27日

2022年6月13日から16日にかけて、Bio International Convention (BIO) 2022が開催されました。過去二年、COVID-19の影響でオンライン開催となっていましたが、今回2019年以来、3年ぶりの対面開催となりました。開催地は、今年で横浜市との姉妹都市提携65周年を迎えた米国・サンディエゴです。世界各地から3,000社以上、日本企業も100社以上が参加し、会場は盛況を博しました。

 

横浜からは、バイオベンチャーのMabGenesis、アーサムセラピューティクス、リプロセルの三社がパートナリング参加し、うち、MabGenesisとリプロセルは、ジェトロが主催するジャパン・パビリオンに出展されました。横浜市米州事務所もパートナリングに参加し、米国各州政府機関やベンチャーキャピタル(VC)との情報交換を行うとともに、横浜からの参加企業のネットワーキングを支援しました。

 

【横浜からのパートナリング参加企業】

MabGenesisMabGenesis(マブジェネシス)株式会社は、30年以上に渡る国内アカデミアによる抗体研究を実用化し、ヒト及び動物領域でfirst-in-class、best-in-classの治療用モノクローナル抗体医薬品を提供するstart-upバイオ医薬品企業です。機能性と網羅性を備えた世界最高品質の抗体ライブラリー(MOURA library)と高効率モノクローナル抗体単離技術(IMPACT)を有し、従来技術では取得が困難な、膜タンパク質のわずかな立体構造の違いを認識する高品質モノクローナル抗体等を提供することで製薬業界に新薬の研究開発機会の拡大をもたらします。同社は、ベーリンガーインゲルハイム社との共同研究開発契約を締結されるなど、海外製薬企業とのパートナリングを進めています。

https://mabgenesis.com/en 

 

アーサムセラピューティクス:アーサム セラピューティクス株式会社は、未だ十分な治療法が確立されていない疾患を有する患者さんへ真に有効な治療薬 “Medicines that matter” をお届けする創薬バイオベンチャーです。最適なアカデミアやビジネスパートナーとの協業に基づく「バーチャルR&Dモデル」によって、迅速かつ効率的な研究開発を実践し、革新的な疾患修飾治療薬を創出することで、未だ解決されていない医療ニーズに応えていきます。同社は、昨年M&Aにより、科研製薬の100%子会社となりました。日本のバイオスタートアップで過去最高額でのイグジットです。

https://www.arthamther.com/en/ 

 

リプロセル:リプロセルグループは、2003年に京都大学・東京大学発のベンチャー企業として設立され、ES/iPS細胞分野での高い技術力を基礎とし、世界で初めてiPS細胞由来細胞を事業化されました。2013年の上場後は、グローバルな展開を進めると同時に関連する技術基盤を拡充しています。再生医療については、再生医療製品などの研究開発を通して、積極的な事業展開を進められています。グローバルに事業展開され、米国ではメリーランド州にオフィスと研究所を置いています。

https://www.reprocell.com/ 

北米最新ニュース

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

7月 11 日(月)にポーランドのジェシュフにて、横浜市国際局グローバルネットワーク担当理事赤岡謙が、ウクライナ駐箚日本国特命全権大使及び独立行政法人国際機構(JICA)の代表立会いの下、姉妹都市であるオデーサ市の二人の副市長と面会し、移動式浄水装置の目録をお渡しするとともに、現在の状況などについて意見交換を行いました。

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

横浜市は米国・ブルッキングス研究所が主催する都市間ネットワーク「SDGsリーダーシップ都市連合」に参加しています。この度、3年間にわたる同ネットワークでの議論の成果となるレポートが、ブルッキングス研究所より公表されました。SDGsは2015年に国際連合で採択されたグローバル目標です。目標年次である2...

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

7月 11 日(月)にポーランドのジェシュフにて、横浜市国際局グローバルネットワーク担当理事赤岡謙が、ウクライナ駐箚日本国特命全権大使及び独立行政法人国際機構(JICA)の代表立会いの下、姉妹都市であるオデーサ市の二人の副市長と面会し、移動式浄水装置の目録をお渡しするとともに、現在の状況などについて意見交換を行いました。

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

横浜市は米国・ブルッキングス研究所が主催する都市間ネットワーク「SDGsリーダーシップ都市連合」に参加しています。この度、3年間にわたる同ネットワークでの議論の成果となるレポートが、ブルッキングス研究所より公表されました。SDGsは2015年に国際連合で採択されたグローバル目標です。目標年次である2...