北米最新ニュース

世界に広がるSDGs自発的自治体レビュー(VLRs)

執筆者 | 2022年1月7日

グローバル目標である持続可能な開発目標(SDGs)で定められた169のターゲットうち、3分の2のターゲットは都市の関与なしには解決できないと言われています。今、世界の多くの都市で、SDGsの理念を都市の運営や行政事業に組み込むなど、ローカルレベルでのSDGsが取り組まれています。自発的自治体レビュー(VLR)は、都市におけるSDGsの取組状況について自発的に検証するレポートであり、SDGsのローカリゼーションのプロセスそのものでもあります。

2021年12月、ニューヨーク市とUNハビタット(国際連合人間居住計画)は、VLRの足跡とインパクトをまとめたレポートを発表し、SDGsを推進する都市の一つして横浜市の取り組みも掲載いただきました。横浜市は、横浜市として初めてとなるVLRを2021年10月に発表したところです。遡ること2019年にニューヨーク市の発案によるVLR宣言に賛同し、署名したことがVLRを検討するきっかけとなりました。ニューヨーク市によると現在までに世界の330以上の都市がVLR宣言に署名され、VLRのムーブメントが世界に広がっています。ニューヨーク市から横浜市にVLR宣言の提案をいただいたのは、横浜市とニューヨーク市が共に、ブルッキングス研究所が主宰するSDGsリーダーシップ都市連合(SDG Leadership Cities Network)のメンバーであったことが背景にあります。SDGsの推進都市として国境を越えてリーダーシップを発揮されているニューヨーク市と連携できたことを光栄に思います。

 Leading Locally: The Origins and Impact of the Voluntary Local Review

The Origins and Impact of the Voluntary Local Review

 (P.40, City Reflections, Yokohama)

【関連ページ】

北米最新ニュース

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

グリーンタウン・ラボのメンバー企業・卒業企業の創業者は、マサチューセッツ州内の大学出身者であることが多い。特に、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者が創業したスタートアップは、グリーンタウン・ラボの全メンバー企業・卒業企業の中で最も多いおよそ4分の1を占める。[1] このことは、MITがボストン...

Indo Japan Cultural Festival に参加

Indo Japan Cultural Festival に参加

1月21日(土)と22日(日)に本市の姉妹都市であるインド・ムンバイ市のWorld Trade Centreで、印日協会主催の「Indo Japan Cultural Festival」...