北米最新ニュース

スタートアップイベント「TechDay」が 3年ぶりにニューヨークでリアル開催

執筆者 | 2022年11月16日

11月15日、スタートアップイベント「TechDay」が、ニューヨークの国際展示場ジェイコブ・ジャビッツ・コンベンション・センターで、3年ぶりにリアル開催された。会場には、金融、ファッション、メディア、ハード、バイオ、ヘルス、教育、ペットなど、ニューヨークらしい多種多様なテック企業が並び、カナダやブラジルなど、国外からの出展者も見られた。2019年に比べると規模を縮小しての開催となったが、およそ100者が出展し、投資家など多くの来場者がブースを回り、出展者の説明に耳を傾けていた。

 

ClearMix は Y Combinator が支援する、営業・マーケティングチーム向けのカスタマー・ビデオ・コンテンツ・プラットフォームを提供するニューヨーク発のスタートアップだ。15ヶ月前に立ち上げて以来、Googleやコーネル大学など196社の動画コンテンツ制作を支援している。フィラデルフィアを拠点とするExpressCellsは、製薬会社やバイオテクノロジー企業の委託サービスとして遺伝子編集を行う。米国内だけでなく欧州や日本で販路を開拓している最中だ。

 

2012年に始まったスタートアップイベント「TechDay」は、年々その規模を拡大し、世界最大級のスタートアップイベントの一つになるまでに成長した。ニューヨーク発のユニコーン企業であるZocDocVia Transportationは、かつてTechDayに参加したスタートアップの一つだ。横浜市が出展した2019年には、出展数は300、来場者は2万人を超えた(文末の関連記事を参照)。しかしながら翌年、パンデミックにより開催が延期され、数か月の再準備期間を経てバーチャル形式での開催となった。2021年は、展示会のリアル開催が企画されるも、変異株の流行により、出展者・参加者が戻らず、開催は見送られた。

 

一方で、Startup Genome社SartupBlink社による2022年のスタートアップエコシステムランキングで、ニューヨークは世界第二位にランクインしている。また、2021年には、ニューヨークから61のユニコーン企業(CB Insight)が誕生するなど、スタートアップ都市としての存在感は高まり続けている。主催者であるTechDay HQの代表者は「新型コロナウイルスは我々の業界にとって大きな打撃だった。今回のTechDayは再スタート。これからまた拡大していきたい」と、TechDayの拡大に強い意欲を示す。11月18日には、別会場でスタートアップの創業者とその経営幹部を対象にしたカンファレンス「TechDay Founders Summit」の開催がされる。創業者・経営者同士の学び・交流の場であるFounders Summitは、2020年からTechDayが新たに取り入れたフォーマットだ。世界が注目するニューヨークで、新しいチャレンジを続けるスタートアップイベント「TechDay」のさらなる進化が期待される。

 

あわせて読みたい

北米最新ニュース

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

長時間の立ち仕事による足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売を行う横浜発のスタートアップ企業のアルケリス株式会社が、この度、Hi-Lex Control Inc.社へ「アルケリスFXスティック」を導入されました。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、世界有数のバイオテッククラスターである米国ボストンのスタートアップ支援機関CIC...

横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第五回セミナー:2023年を振り返る、米国ライフサイエンス市場の最新動向

横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第五回セミナー:2023年を振り返る、米国ライフサイエンス市場の最新動向

「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」第5回セミナーとして、ヘルスケア・創薬、医療制度、イノベーションカルチャーの切り口で2023年を振り返り、皆様に米国ライフサイエンス・ビジネス環境を取り巻く変化や今後の展望についてお届けします。

【スピンオフ企画】横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナー~卵巣がんをテーマに、アンメットニーズについて診療及び患者ケア目線で掘り下げる~

【スピンオフ企画】横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナー~卵巣がんをテーマに、アンメットニーズについて診療及び患者ケア目線で掘り下げる~

横浜市米州事務所と 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)との連携による「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」では、米国ライフサイエンス・ビジネスに関する最新情報をお届けしています。...

米国の卵巣がん診療におけるアンメットニーズをテーマに、横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナーを開催しました

米国の卵巣がん診療におけるアンメットニーズをテーマに、横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナーを開催しました

横浜市米州事務所と 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)との連携による「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」では、米国ライフサイエンス・ビジネスに関する最新情報を米国からライブ配信でお届けしています。現地時間2023年6月12日、米国...

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

2024年2月13日(火)、市内企業の興栄商事株式会社が「タイにおける電気・電子機器廃棄物のITAD事業及びリサイクル事業に関する説明会」をホリデイインバンコクスクンビットセミナー会場開催しました。...

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

長時間の立ち仕事による足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売を行う横浜発のスタートアップ企業のアルケリス株式会社が、この度、Hi-Lex Control Inc.社へ「アルケリスFXスティック」を導入されました。