北米特集記事

2019 ERA デモデイ レポート

執筆者 | 2019年11月1日 | 特集記事

Entrepreneurs Roundtable Accelerator (ERA)デモデイが 2019 年 9 月 26 日に開催されました。ERA は、アクセラレーターとしてこれまで、約 200 のスタートアップのサポート実績を持ち、①アクセラレーターとしての機能を軸に、②ERA 主催のアクセラレーター・プロ グラム参加企業への投資、③海外の政府機関やスタートアップへの支援プログラム(Global ERA)、④エンジェル投資家への教育を行っています。 年2回(夏と冬)のアクセラレーター・プログラムには、毎回多くの応募から、高倍 率で 10 数社が選ばれ、4 か月にわたるプログラムが行われます。

 

プログラムの最後には、東海岸最大規模とも言われているデモデイが開催されます。今年のデモデイには、投資家、メディア等およそ 700 名程度が集まりました。参加した14社は、いずれもテクノロジー・スタートアップで、そのほとんどは、医療、小売り、保険、製造、農業などの既存産業でのビジネスの効率化や新規顧客の獲得をサポートするようなB to Bビジネスを展開しています。5分から10分程度のピッチ時間の中で、問題の所在、市場規模、既存サービスとの差別化、現状と見込み、体制などを投資家に向けてPRされました。参加企業は、デモデイ後、エクイティ・ファイナンスを目指すことになります。

 

参加企業のプロフィール含むレポートは、こちらのページからご覧いただけます。

https://businessyokohama.com/jp/resource-center/

 

関連リンク:

ERA

北米最新特集記事

タイ国バンコク都との都市間協力を推進しています。

タイ国バンコク都との都市間協力を推進しています。

横浜市は都市づくりの経験・ノウハウと企業の技術を活用し、新興国等の都市課題解決の支援と企業の海外展開支援を目的とした「横浜の資源・技術を活用した公民連携による国際技術協力(Y-PORT事業)」に取り組んでいます。 本稿では、タイ・バンコク都との都市間連携を特集します。...

ニューヨークの気候テック・イニシアティブ②:ニューヨーク州エネルギー研究開発局(NYSERDA)のスタートアップ支援

ニューヨークの気候テック・イニシアティブ②:ニューヨーク州エネルギー研究開発局(NYSERDA)のスタートアップ支援

ニューヨークでは、州全体のクリーンエネルギー推進や気候テックスタートアップ支援において、州によって設立された公益法人ニューヨーク州エネルギー研究開発局(NYSERDA)が大きな役割を果たしている。また、ボストンで重層的な気候テック支援環境が見られるように、ニューヨークにおいてもNYSERDAだけでな...

ニューヨークの気候テック・イニシアチブ① :ニューヨーク市の気候ソリューションセンター計画

ニューヨークの気候テック・イニシアチブ① :ニューヨーク市の気候ソリューションセンター計画

ニューヨーク市政府は、気候変動の危機に対応するグローバルリーダーとなることを目指し、脱炭素政策に取り組んでいる。ニューヨークの脱炭素に向けた取り組みの中で気候テック・エコシステムにかかる代表的なイニシアチブが、ニューヨーク市マンハッタンに属するガバナーズ島の気候ソリューションセンター(Center...

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

2024年2月13日(火)、市内企業の興栄商事株式会社が「タイにおける電気・電子機器廃棄物のITAD事業及びリサイクル事業に関する説明会」をホリデイインバンコクスクンビットセミナー会場開催しました。...

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

長時間の立ち仕事による足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売を行う横浜発のスタートアップ企業のアルケリス株式会社が、この度、Hi-Lex Control Inc.社へ「アルケリスFXスティック」を導入されました。