NY州の4月27日一日の入院者数は953人。千人を下回ったのは3月24日以来のこと。総入院者数も15日連続減少して12,646人。死者数も三日連続400人を下回って335人であったが、クオモ知事は tragically という思いを変えていない。

また、知事は、再開のことを考えると、現実に重きを置くことになり、病院の収容率が70%を越える、また、感染率(Rt)が1.1に上がると、再開を縮小しなければならなくなるとあらためて述べた。

今日、4月28日は、そうしたNYの医療、交通、食料販売、警察、消防などフロントラインで働く人々を市民とともに讃え、感謝するために、海軍の Blue Angels と空軍の Thunderbirds がNYの真っ青な空に飛来した。#AmericaStrongが共感を呼んでいる。

今回から、NYのCOVID-19の現状、州•市の対策、地域の一体感などを折に触れお伝えする。

-machts

 

【関連記事】

COVID-19記事シリーズ