2020年10月29日 木曜日 神奈川新聞掲載
執筆 関山誠

「COVID(新型コロナウイルス感染症)との闘いの間、彼らは日々フロントライン(前線)に立ち、自らの命を危険にさらして私たちを守り抜いた」。ニューヨーク州のクオモ知事は9月の労働祭に寄せて、医療、食料品販売、警察、消防などコロナ禍で献身的に働いた人たちへ賛辞を贈るとともに、彼らへの信頼を改めて思い起こさせた。

知事はまた、「ハロウィーンは止めない。留意点を用意しよう」と提案した。州内の陽性率は現在、全米最低水準にあるが、密を避けがたい感謝祭のパレードや大みそかのカウントダウンはバーチャル(仮想)で行われる。そんな中、ソーシャル・ディスタンス、マスク、手洗いなど日常のルールを守れば、身近な“トリック・オア・トリート”はできる、という提案だ。一人一人の責任ある行動とコミュニティーの信頼の絆が、今年新しいハロウィーンを創り出す。

警官の蛮行があらわになったジョージ・フロイドさんの事件以来、警察への信頼を回復できるかが問われている。警察改革を訴える声は大きい。ロックダウン(都市封鎖)の時、命の危険を冒して献身的に職務に当たった彼らは、間違いなくコミュニテイーの信頼を得ていた。ニューヨーク州は一番に警察改革の行動を起こした。犯罪が急増し、治安の悪化が懸念される中、警察はコミュニテイーとより強い信頼の絆を築こうとしているはずだ。

「Ever Upward=絶え間ない向上」。ニューヨーク州のモットーがいま、力強く響いてくる。

 

【写真キャプション】警察改革を求めるプラカードが掲げられた集会=10月17日、マンハッタンのコロンバスサークル

 

【関連記事】

COVID-19記事シリーズ