北米COVID-19情報

COVID-19 Update #10・期待されるサバイバル

執筆者 | 2020年10月2日

2020年8月14日 金曜日 神奈川新聞掲載

執筆 関山誠

利用者が増えているニューヨーク市の自転車シェアシステム「Citi Bike」の専用駐輪場。8月5日、タイムズスクエア近く

ニューヨーク市は、社会経済活動再開の最終段階に入った。だが、身の回りと先行きへの不安はまだ拭い切れない。ビジネス街に人が戻らない。再開後、15万人から30万人が仕事に復帰すると予想されたが、ロックダウン以前のように戻っていない。車の通行もホットドッグの屋台も少ないままだ。来年までオフィスは開けないという銀行や会計事務所の話も聞こえる。観光客も減る。ニューヨーク州は感染が広がる他州からの来訪者に14日間の自主隔離を義務付けている。対象は全米50州のうちの31州。国内外からの観光客は一昨年、6500万人を数え、440億ドルをもたらしたが、それが消える。地下鉄もまだ安心はできない。徒歩や自転車、スケートボードが日常の有効な移動手段になり、同市の自転車シェアシステム「Citi Bike」の利用も増えている。片や、銃犯罪が急増した。同市は数十年、国内で最も安全な大都市と言われてきた。だが、独立記念日の週末には64件が報告された。1月から7月12日までの間、前年394件だった銃犯罪は今年、634件に上った。ニューヨークはこれまで、経済破綻や犯罪まん延など、幾度となく危機を乗り越えてきた。2008年の金融危機を切り抜けたことは記憶に新しい。コロナ禍は今までと違い、完全には元に戻れない。そう予測しながらも、今回もニューヨークのサバイバルが期待される。

 

【関連記事】

COVID-19記事シリーズ

北米最新COVID-19情報

COVID-19 Public Policies #5 パンデミック下でのニューヨーク市の政策立案の内側

COVID-19 Public Policies #5 パンデミック下でのニューヨーク市の政策立案の内側

新型コロナウイルスの感染がニューヨークで初めて確認されてから1年が経つ。2021年2月18日に、感染拡大期当時の政策立案の内側について、ニューヨーク市の政策法務の実務者による話を聞く機会があった。この機会は、ニューヨーク市市長室国際担当主催の「COVID-19パンデミック対処への政策立案(Utili...

COVID-19 Update #13・ともし続ける希望の灯

COVID-19 Update #13・ともし続ける希望の灯

2020年12月2日 水曜日曜日 神奈川新聞掲載 執筆 関山誠 米国内の感染ペースが再び加速している。1日当たりの新規感染者は一時20万人に迫り、これまでの死亡者数は25万人を超えた。世界最悪が止まらない。...

COVID-19 Update #11・日常の回復へ忍耐の時

COVID-19 Update #11・日常の回復へ忍耐の時

2020年10月1日 木曜日 神奈川新聞掲載 執筆 関山誠 「Patience(忍耐)」を、カーネギーホールは呼び掛けている。 ホールを象徴するジョークがある。高名な音楽家がホールへの道順を聞かれ、「Practice(練習)」と返す。音楽界最高の舞台に挑む道筋を明かしたというオチだ。Patien...

COVID-19 Update #9・6フィートとマスク 日常に

COVID-19 Update #9・6フィートとマスク 日常に

2020年7月8日 水曜日 神奈川新聞掲載執筆者 関山誠 ロックフェラーセンターのアトラス像もマスクを着用している。 6月25日、ニューヨーク5番街[/caption]ロックフェラーセンターのアトラス像もマスクを着用している。 6月25日、ニューヨーク5番街[/caption]...

横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第一回セミナー:米国の創薬市場トレンドとニューヨークのライフサイエンス・エコシステム

横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第一回セミナー:米国の創薬市場トレンドとニューヨークのライフサイエンス・エコシステム

横浜市と LINK-J は、2022年10月に、米国のライフサイエンスビジネスに関する最新情報と交流の場を提供する「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」を横浜市米州事務所内に開設しました。そこで、日本とニューヨークをつなぐ同ラウンジ第一回目のセミナーをライブ開催します。