クオモ知事が苦言を呈している。暖かくなり、天気がよかったこともあり、人々の行動に弛みが見えた。自身の毎日のメッセージ “NYS Coronavirus Update” で5月5日「私たちはみんな、週末の公園や公共の場での人々の写真を見た。一部はマスクをしていなかった。このことはできるだけはっきり言わせてもらおう。公共の場では、特に混雑しているところでは、マスクか顔を覆うものを着用しなければならない。これは、とるべき賢明で責任ある行動であり、そして法律だ」と強く訴えた。

3月22日、行政命令 “New York State on PAUSE” で次の “10-point plan” が発効した。
1. すべての non-essential な企業は閉鎖
2. 理由と規模を問わず個人の non-essential な集まりは中止または延期
3. 屋外での集合状態は、essential なサービスの就業者に限定し、social distancing を実行
4. 公共の場では他者との1.8mの social distancing を実行
5. essential なサービスを提供する企業•団体は1.8mの social distancing を促進するルールを実施
6. 個人の屋外レクリエーションは non-contact に制限し、他者との密接な接触を回避
7. 個人の公共交通機関利用は絶対に必要な場合に限定し、他の乗客との距離を少なくとも1.8mに制限
8. 病気の人は医療を受ける場合と遠隔医療受診後を除き在宅
9. 若い人は social distancing を実行し、弱い人々との接触を回避
10. イソプロピル•アルコール手拭きなど予防的消毒の実行
そして、social distancing 規定違反の罰金は最高1,000ドル。
さらに4月15日、マスクか顔を覆うものの着用を求める州行政命令が公布された。

こうした今、NYで交わされるあいさつは「We hope you and your families are staying safe and healthy」と、とにかく明るく思いやりが響いてくる。多くの人は、自分と家族と地域に暮らす人たちの安全と健康を願って、そのために social distancing とマスク着用をちゃんとやっているかと、おおらかに確かめあっているのだろう。

Stay safe and healthy!

-machts

 

【関連記事】

COVID-19記事シリーズ