朗報 !
「手洗いやマスクの着用がCOVID-19を防ぐことが示唆された」
クオモ知事は、抗体検査の結果を得てこう語った。

5月6日のNY州における死者数は231人となり、7日連続で300人を下回った。入院者数を含めすべての数字が減少傾向、よい方向にあるが、その推移をみれば感染の拡大は急激、減少には時間がかかることがわかる、と現状を評した。
依然として厳しい状況にあるなかで、医療、交通、警察など、フロントラインに従事する人たちの防護は最優先であり、州は彼らに対する抗体検査を精力的に実施した。このうち、州南部の25の医療施設について約27,000人の医療従事者に行った検査で、医療従事者の陽性率は一般州民の陽性率よりも低いことが判明した。例えば、NY市では医療従事者の陽性率12.2%に対し、全体の陽性率は19.9%だ。知事によれば、医療従事者の方が高い陽性率を示すことを恐れていたが、期待を持てる結果が得られたとのこと。また、このことは、医療従事者が必ず実行する適切な手洗い、マスクや手袋の着用などが、COVID-19 を寄せ付けないことを示唆する朗報だ、とその効果を語った。

医療分野に限らず、せっけんで手を洗う、マスクをする、顔に触れないなどをすべての人が実践することは、COVID-19の蔓延を防ぐ有効な手段に違いない。Wash Your Hands🎶

-machts

 

【関連記事】

COVID-19記事シリーズ