5月15日、NY州も北部で一部地域が再開した。
再開地域では、例えば、小売店でまだ買物はできないが、あらかじめ頼んでおいたものを受け取ることができる。ガーデンセンター、建設業、製造業などが再開可能になった。やっと漕ぎつけた経済社会活動再開の第一段である。

クオモNY州知事は、COVID-19の対策にあたって Facts and Data を一貫して重視してきた。毎日の記者会見は、冒頭に前日の総入院者数、前日一日あたりの新規入院者数と死亡者数を説明し、その増減を確認することから始まる。
今回の再開計画 “New York Forward” も、もちろん Facts and Data を指標として進んでいる。地域ごとにクリアしなければならない ”7つの基準” である。

  1. 総入院者数が14日連続で減少、または直前3日の平均で15人未満
  2. 一日の死亡者数が14日連続で減少、または直前3日の平均で5人未満
  3. 一日の入院者数が直前3日の平均で10万人あたり2人未満
  4. 空き病床が最低3割
  5. ICUの空き病床が最低3割
  6. 一日の月一回検査数が直前7日の平均で千人あたり30人
  7. 接触追跡人員を10万人あたり30人、または感染率に基づき確保

4月の失業率が14.7%と、経験したことのない領域にまで至り、経済の回復に大きな期待がかかる一方、NY州では、まだ毎日2,000件以上の感染が確認されているし、死亡者は減少が続いているとはいえ、5月16日には139人、その内NY市では69人が今なお一日で亡くなっている。クオモ知事は、また、第2波を抑えるため、再開後に、一人の感染者が移す平均人数「実効再生産数」が1.1を越えたら、再開を停止することにも言及している。期待が高まるなか ”New York Forward” を確実に進めていくためにこそ、Facts and Data を注視し続けることが不可欠であろう。

NY市域については、”7つの基準” のうち現時点で3つしかクリアしていないため、Stay-at-Home を求める行政命令 “New York State on Pause” が5月28日まで延長された。
だが、出口はもうそこに見えている !

machts

 

【関連記事】

COVID-19記事シリーズ