2020年6月24日 水曜日 神奈川新聞掲載
執筆者 関山誠

6月8日、米ニューヨークでも経済社会活動が再開した。3月22日から続くロックダウンの解除が段階的に進む。

市民はこの間、州の行政命令の下、▽食料品・必需品の買い物や通院以外は外出を控える▽外出時は他者と1.8メートルの距離を保つ▽外出時はマスクなど顔を覆うものを着用する▽手洗いと消毒を徹底する―の四つを忠実に守って感染防止に協力した。
感染がピークの頃、私も外出は5日に1度の買い物のみ。スーパーマーケット前では1.8メートルの間隔を保って並び、入場を待つ。マスクを必ず着用し、帰宅後すぐにシャワーを浴び、着衣は洗濯した。決して行き過ぎではない、新たな日常だと今は思っている。

州や市も市民の行動を促した。一時の安らぎを求めて多くの人が週末の公園などを訪れるが、当初マスクをしていない姿が目立った。州知事はマスクをすることは責任ある行動だと繰り返し訴え、市長は1.8㍍の距離を保ってジョギングなどがしやすいよう、市内の道路の車両通行を止め、市民に開放した。

米国の人々の危機下での結束の強さを、日々切実に感じている。一人一人は責任ある行動を取り、みんなで医療従事者やフロントラインの人々を支える。「7PM THANK YOU」。毎日午後7時になると、窓を開けて拍手をし、ドライバーは警笛を鳴らし、声援と感謝を贈る。危機下の結束は、今なお緩むことはない。

 

(写真説明)100メートル先のスーパーマーケットの入り口まで1.8㍍の間隔を保って整然と並ぶ買い物客=5日、ニューヨーク•コロンバスサークル

 

【関連記事】

COVID-19記事シリーズ