北米最新ニュース

「東京・横浜エリア」のスタートアップエコシステムが世界15位にランクインしました

執筆者 | 2022年6月1日

StartupBlink社は2022年5月31日に「2022 Global Startup Ecosystem Index Report」を発表し、東京・横浜エリアが世界15位にランクインしました。同レポートは、1000都市・100カ国のスタートアップエコシステムを総合的に指数化しランキング化した年次レポートの最新版です。東京・横浜エリアは、日本国内では1位、アジアでは5位に位置しています(北京(6位)、上海(7位)、バンガロール(8位)、ニューデリー(13位)、東京・横浜(15位))。

 

StartupBlink社CEOのEli David氏によると、「東京・横浜エリアは、アジアにおけるイノベーションの強力なハブであり続けています。このエコシステムは世界第15位にランクされており、最先端のイノベーションの実績があります。東京・横浜エリアは、ハードウェアとIoTの分野でも世界8位にランクインしています」。

 

横浜市は、2020年に、スタートアップエコシステム 東京コンソーシアムの一員として、「グローバル拠点都市」に選ばれました。StartupBlink社のGlobal Startup Ecosystem Index Reportにおいて、昨年までは横浜は対象ではありませんでしたが、今回初めて「東京・横浜エリア」として横浜が加わり、また、同レポート内で、横浜市内のスタートアップ環境に関するケーススタディも掲載されました。

 

以下は、StartupBlink社による「東京・横浜エリア」スタートアップエコシステムの分析の抜粋です。

東京・横浜エリアは、この指標で日本国内1位となっています。このエコシステムは世界でも 15 位であり、2 位の大阪(今年 119 位)を大きく引き離しています。東京・横浜と大阪のランキングの差は縮まりましたが、総合得点に反映される両都市の実績の差は大きくなっています。東京・横浜と大阪の差を見ると、2021年の5倍強に対し、6倍強の差があります。

東京・横浜エリアは、「ハードウェア&IoT」で世界第8位を誇る先進エリアです。

日本は、2017年のランキングデビュー以来、初めて韓国を抜き世界のトップ20に入りました。

 

StartupBlink社によると、指標のアルゴリズムは、Crunchbase、SEMRush、UNAIDS、Meetup、および世界100以上の政府などの公式グローバルデータパートナーによって提供されています。

 

2022 Global Startup Ecosystem Index Report(2022年グローバル・スタートアップエコシステム・インデックス・レポート)はこちら

https://lp.startupblink.com/report/(英語)

 

 

あわせて読みたい

 

WHY YOKOHAMA?

北米最新ニュース

市民の足を支えるIoT事業から考える、 横浜で働くこと

市民の足を支えるIoT事業から考える、 横浜で働くこと

日本有数のビジネス都市、横浜。 開港以来、文明開化の中心地として繁栄し、鉄道や水道など“横浜発祥”と言われる技術が数多く生まれ、多くの技術・文化を受け入れ発信してきました。近年では、大企業の本社および研究開発拠点が多数集まるなど、ビジネス都市としてさらなる発展を遂げています。...

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

長時間の立ち仕事による足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売を行う横浜発のスタートアップ企業のアルケリス株式会社が、この度、Hi-Lex Control Inc.社へ「アルケリスFXスティック」を導入されました。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、世界有数のバイオテッククラスターである米国ボストンのスタートアップ支援機関CIC...

市民の足を支えるIoT事業から考える、 横浜で働くこと

市民の足を支えるIoT事業から考える、 横浜で働くこと

日本有数のビジネス都市、横浜。 開港以来、文明開化の中心地として繁栄し、鉄道や水道など“横浜発祥”と言われる技術が数多く生まれ、多くの技術・文化を受け入れ発信してきました。近年では、大企業の本社および研究開発拠点が多数集まるなど、ビジネス都市としてさらなる発展を遂げています。...

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

2024年2月13日(火)、市内企業の興栄商事株式会社が「タイにおける電気・電子機器廃棄物のITAD事業及びリサイクル事業に関する説明会」をホリデイインバンコクスクンビットセミナー会場開催しました。...