北米最新ニュース

米国最大の対米投資サミット:セレクトUSA(SelectUSA)が3年ぶりに対面で開催されました。

執筆者 | 2022年7月5日

2022626日~30日、米国への外国直接投資(FDI)の促進を目的とした、米国で最も注目を集めるイベント:SelectUSA Investment Summitが、ワシントンDCにほど近いメリーランド州・ナショナルハーバーで開催されました。

 

SelectUSAには、3,000人以上の参加者があり、米国のほぼすべての州と準州の経済開発者が出席、世界の約80か国・地域から1,200人を超えるビジネス投資家が集まります。米国への新しい投資プロジェクトは、毎年600億ドル以上の経済効果をもたらし、米国全体で50,000人以上の雇用を増やすと言われています。

 

会議では、ジーナ・レモンド米国商務長官がホストを務め、ジョー・バイデン大統領の歓迎ビデオメッセージが届けかれるなど(当日はNATO首脳会合のためマドリッドを訪問中)、米国政府にとっても大変力の入ったサミットとなりました。

 

日本からも、JETRO(日本貿易振興機構)を中心に、大手企業やスタートアップなど数多くの関係者が参加し、地方自治体でからも唯一横浜市から米州事務所が参加しました。横浜市と米国の主だった州・都市とは、姉妹都市サンディエゴとの交流をはじめ、テネシー州、ミシシッピ州等の日本事務所が横浜に所在することもあって、長い連携の歴史があります。今回のサミットの目的は「各国から米国への投資」ですが、ビジネスは双方向のものですので、こうした場面を活用してのネットワークづくりは、横浜の企業支援や米国からの企業誘致のためにも重要です。

 

27日在米日本国大使公邸で行われた、冨田大使主催還元レセプションにおいても、レモンド米国商務長官が主賓としてお越しになり、「就任以来2回訪問した国は日本だけ」「インド太平洋経済枠組みにおける日米の果たすべき役割」など、両国関係の重要性を強くアピールされていたのも印象的です。

 

3年ぶりの対面開催(過去2回はオンライン)とあって参加者の表情もみな明るく、コロナ禍やウクライナ情勢などの不安要因を吹き飛ばすように、活発な議論や精力的なミーティングが会場内のいたるところで行われていました。

北米最新ニュース

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

7月 11 日(月)にポーランドのジェシュフにて、横浜市国際局グローバルネットワーク担当理事赤岡謙が、ウクライナ駐箚日本国特命全権大使及び独立行政法人国際機構(JICA)の代表立会いの下、姉妹都市であるオデーサ市の二人の副市長と面会し、移動式浄水装置の目録をお渡しするとともに、現在の状況などについて意見交換を行いました。

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

横浜市は米国・ブルッキングス研究所が主催する都市間ネットワーク「SDGsリーダーシップ都市連合」に参加しています。この度、3年間にわたる同ネットワークでの議論の成果となるレポートが、ブルッキングス研究所より公表されました。SDGsは2015年に国際連合で採択されたグローバル目標です。目標年次である2...

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

米国ライフサイエンス・サポーターによるご支援を開始します

日本のライフサイエンス・スタートアップの米国市場進出の動きが活発になっています。しかし、米国にまだ足場のないスタートアップにとって、資金調達、臨床開発、事業化など米国でのパートナー探しは容易ではなく、市場参入のための知識、ネットワーク、コネクションが不足している場合が少なくありません。...

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

横浜市が支援する移動式浄水装置がポーランドに到着 オデーサ市に引渡しを行いました

7月 11 日(月)にポーランドのジェシュフにて、横浜市国際局グローバルネットワーク担当理事赤岡謙が、ウクライナ駐箚日本国特命全権大使及び独立行政法人国際機構(JICA)の代表立会いの下、姉妹都市であるオデーサ市の二人の副市長と面会し、移動式浄水装置の目録をお渡しするとともに、現在の状況などについて意見交換を行いました。

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

ブルッキングス研究所が自治体SDGsの成果レポートを発表:都市におけるSDG効果

横浜市は米国・ブルッキングス研究所が主催する都市間ネットワーク「SDGsリーダーシップ都市連合」に参加しています。この度、3年間にわたる同ネットワークでの議論の成果となるレポートが、ブルッキングス研究所より公表されました。SDGsは2015年に国際連合で採択されたグローバル目標です。目標年次である2...