北米特集記事

世界最大級のスタートアップ・テックカンファレンス「WEB SUMMIT」がリスボンで開催

執筆者 | 2022年11月28日 | 大学スタートアップエコシステム, フランクフルト

11月1日(火)から4日(金)まで、ポルトガル・リスボンにおいて、WEB SUMMITが開催された。2010年にアイルランドで第1回が開催され、2016年からは開催地をリスボンに移し、今回で11回目の開催。世界160か国から7万人以上が参加し、約2,300のスタートアップ、そして1千人以上の投資家が参加し、商談やピッチイベント、講演やセッションなどが執り行われた。

ドイツやフランス、英国、ポルトガル、さらにはスイス、エストニアなどからの出展があった他、ブラジルなどからの出展も目を引いた。

日本からは、JETROのジャパンパビリオンに東京などから8つのスタートアップの参加などが見られた。ロボティクス、IoTプロダクト、エンターテイメントテック、アグリテックなどのテクノロジーが出展された。中には、選考をくぐりピッチの機会を得たスタートアップもいた。スタートアップ各社へWEB SUMMITへの参加目的について話を伺ったところ、主に、投資家探し、顧客・パートナー探し、欧州市場における反応を拾うこと、といった声が聞かれた。

ターゲット先へのコンタクトに役立った、と複数声が上がったのがWEB SUMMITの公式アプリである。参加者全員が、入場にあたりアプリをダウンロードし、「スタートアップ」や「投資家」といった属性、また「Fintech」や「Sport , fitness&wellness」といった産業分野などの情報を登録する。また、スタートアップであれば、自社のテクノロジー紹介などのスライドデータも掲載できる。アプリにより、参加者全員とつながることができ、例えば、検索機能を用い、スタートアップ、投資家双方で適当そうな相手にコンタクトができる。

このアプリ機能も活用され、スタートアップからは「商談に繋がりそうなやりとりがいくつかできた。」、「顧客開拓という目的に対して、質の高い成果が得られた」など、WEB SUMMIT参加を通しての手ごたえが伺えた。

今後、本イベント含め、横浜からのスタートアップ参加が期待される。

北米最新特集記事

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

グリーンタウン・ラボのメンバー企業・卒業企業の創業者は、マサチューセッツ州内の大学出身者であることが多い。特に、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者が創業したスタートアップは、グリーンタウン・ラボの全メンバー企業・卒業企業の中で最も多いおよそ4分の1を占める。[1] このことは、MITがボストン...

米国気候テックイベントとスタートアップの興隆

米国気候テックイベントとスタートアップの興隆

2022年、米国では、気候変動を解決するための技術(以下、気候テック)に関する、実に多彩なイベントが開催された。米国にはシリコンバレーに代表されるように、人材が集まり、新興企業(以下、スタートアップ)が次々と誕生しては淘汰され、その中でイノベーションが創発されるエコシステムが都市や地域に存在する。地...

Indo Japan Cultural Festival に参加

Indo Japan Cultural Festival に参加

1月21日(土)と22日(日)に本市の姉妹都市であるインド・ムンバイ市のWorld Trade Centreで、印日協会主催の「Indo Japan Cultural Festival」...