北米最新ニュース

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

執筆者 | 2023年12月4日

長時間の立ち仕事による足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売を行う横浜発のスタートアップ企業のアルケリス株式会社(代表取締役CEO:藤澤秀行)が、この度、Hi-Lex Control Inc.社(所在地:米国ミシガン州、President:ブラッド・センプ)へ「アルケリスFXスティック」(以下、「アルケリス」という。)を導入されました。

アルケリスは足元の自由度を増し、動きやすさと立ったままを支えるを両立した画期的な製品として、開発当初から累計200件を越える問い合わせが各国からもあり、(現在は閉鎖しています)米国の展示会への参加、代理店網の構築などにも力を入れ、米国展開を本格化させていました。加えて、その製品の革新性から、毎年1月に米国・ラスベガスで開催される世界最大級のテック展示会CES(シーイーエス)にも2022年、2023年と2回に渡り、J-Startup/JAPAN パビリオンに採択されています。

Hi-Lex Control Inc.社との製品導入に向けた協議は、2022年のCES出展がきっかけとなりました。製造現場だけでなく、物流業など様々な環境で使用可能なアルケリスを導入することで、より働きやすい職場環境づくりに繋がることが期待され、実際に立ち作業工程での約1年間にわたるトライアル、効果検証も行われました。同社は、2022年4月には、米国ミシガン州のHi-Lex Control Inc.社の工場も実際に訪問し、デモ用サンプル装着者からの感想や要望事項等のフィードバックも踏まえ、作業者の体格に合わせた改良など、導入に向けて様々な対応を行われていました。そうした成果により、今回、アルケリスの正式な採用に繋がったとのことです。

アルケリスは手術中の「外科師の負担を軽減できないか」という相談から開発され、改良を重ねてきましたが、同社は「世界から立ち仕事のつらさをなくす」をミッションとして、現在は、医療現場だけでなく、幅広い業種の立ち仕事による負担の軽減及びそれに伴う作業環境の改善を目指しています。米国や日本だけでなく、毎年ドイツ・デュッセルドルフで開催される世界最大の医療技術見本市「COMPAMED2022」にも横浜パビリオンとして出展し、人手不足に慢性的に直面する欧州などへの導入にも注力を続けています。

横浜市海外事務所では、市内企業の北米市場展開のために、現地情報の収集や現地政府の支援内容のリサーチ、ネットワークのご紹介、現地発信・広報のお手伝いなど様々な支援を行っています。引き続き、作業負荷の増加、負荷増加による離職などの課題を抱える多くの業種において、世界各国に横浜初の「アルケリス」が導入されるよう、支援していきます。海外市場展開を目指される他の市内企業の皆様におかれても、是非気軽に海外事務所までご連絡・ご相談をお寄せください。

北米最新ニュース

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、世界有数のバイオテッククラスターである米国ボストンのスタートアップ支援機関CIC...

横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第五回セミナー:2023年を振り返る、米国ライフサイエンス市場の最新動向

横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第五回セミナー:2023年を振り返る、米国ライフサイエンス市場の最新動向

「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」第5回セミナーとして、ヘルスケア・創薬、医療制度、イノベーションカルチャーの切り口で2023年を振り返り、皆様に米国ライフサイエンス・ビジネス環境を取り巻く変化や今後の展望についてお届けします。

【スピンオフ企画】横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナー~卵巣がんをテーマに、アンメットニーズについて診療及び患者ケア目線で掘り下げる~

【スピンオフ企画】横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナー~卵巣がんをテーマに、アンメットニーズについて診療及び患者ケア目線で掘り下げる~

横浜市米州事務所と 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)との連携による「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」では、米国ライフサイエンス・ビジネスに関する最新情報をお届けしています。...

米国の卵巣がん診療におけるアンメットニーズをテーマに、横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナーを開催しました

米国の卵巣がん診療におけるアンメットニーズをテーマに、横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナーを開催しました

横浜市米州事務所と 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)との連携による「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」では、米国ライフサイエンス・ビジネスに関する最新情報を米国からライブ配信でお届けしています。現地時間2023年6月12日、米国...

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

市内企業の興栄商事がタイでセミナー開催!

2024年2月13日(火)、市内企業の興栄商事株式会社が「タイにおける電気・電子機器廃棄物のITAD事業及びリサイクル事業に関する説明会」をホリデイインバンコクスクンビットセミナー会場開催しました。...

バルセロナで開催された「スマートシティエキスポ世界会議」において、横浜市が脱炭素化に向けた取組や「GREEN×EXPO 2027」を紹介

バルセロナで開催された「スマートシティエキスポ世界会議」において、横浜市が脱炭素化に向けた取組や「GREEN×EXPO 2027」を紹介

11月7日~9日、スペイン・バルセロナ市で世界最大規模のスマートシティに関する国際会議兼展示会「スマートシティエキスポ世界会議」が開催されました。 来場者約2万5千人、800以上の都市、140以上の国・地域が参加し、500名超のスピーカー、1,000を超える出展がありました。