北米最新ニュース

横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナー:米国でのアンメットニーズから生まれるビジネスチャンス~卵巣がん診療をテーマとして~

執筆者 | 2023年5月18日

横浜市米州事務所と 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)との連携による「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」では、米国ライフサイエンス・ビジネスに関する最新情報をお届けしています。そこで、第三回セミナーでは、ニューヨークの医療を牽引する主要大学病院に所属する婦人科腫瘍学、遺伝医学、患者ケア/テクノロジーのエキスパートをお招きし、米国における最前線の医療アンメットニーズをご紹介するとともに、それに伴う新たなサイエンス及びビジネスチャンスとなるニーズやヒントについてディスカッションいたします。

概要

日時

2023年6月13日(水)9:00 –10:00(日本時間)

(2023年6月12日(木)20:00 – 21:00(米国東部時間))

会場 オンライン(Zoonウェビナー)※横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYCからライブ配信します
主催 横浜市、LINK-J
参加費 無料
参加申込 https://evententry.link-j.org/public/seminar/view/4423

プログラム(予定)

日本時間 内容
9:00-9:02 開会:横浜市米州事務所
9:02-9:05 挨拶
高橋 俊一(LINK-J事務局長)
9:05-9:15 講演「卵巣がん診療のトピックとアンメットニーズ」
鈴木 幸雄(コロンビア大学産婦人科 博士研究員 / 婦人科腫瘍専門医)
9:15-9:25 講演「遺伝子診断の最新動向」
三戸 芳子(マウントサイナイ医科大学遺伝ゲノム科 Adjunct Assistant Professor)
9:25-9:35 講演「最先端技術、ソリューションの動向」
齋藤 大介(ハッケンサック メリディアンヘルス 患者エクスペリエンス室)
9:35-10:0

パネルディスカッション、Q&A

  • モデレーター:高橋 俊一
  • パネリスト:鈴木 幸雄
  • パネリスト:三戸 芳子
  • パネリスト:齋藤 大介
10:00 クロージング:LINK-J

※若干の延長の可能性がございます。

登壇者

米国医薬品サプライチェーン・エキスパート

鈴木幸雄(Department of Obstetrics and Gynecology, Columbia University Irving Medical Center Postdoctoral Research Fellow. 横浜市立大学医学部 産婦人科 客員研究員)
産婦人科専門医・指導医、婦人科腫瘍専門医。現在、コロンビア大学産婦人科・婦人科腫瘍部門の博士研究員として臨床疫学研究に従事。日本では横浜市立大学附属病院産婦人科助教として、多くの子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん患者における手術、化学療法を担当。また、公衆衛生、医療政策、医療経営などにおける知見も持つ。女性ヘルスケア専門医、細胞診専門医、腹腔鏡技術認定医でもある。一般社団法人日本専門医機構理事、米国NPO FLAT/ふらっと 理事、厚生労働省医師の働き方の推進に関する検討会構成員、横浜市医療局ヘルスデーター政策フェローなどを歴任。(※資格はすべて日本のもの)

三戸芳子(Icahn School of Medicine at Mount Sinai,Adjunct Assistant Professor)
マウントサイナイ医科大学遺伝ゲノム科学科Adjunct Assistant Professor。ゲノム科学研究および遺伝子診断に携わる。基礎研究で博士号を取得後、ハーバード大学医学部遺伝医学研修プログラムを修了。米国遺伝医学専門資格(臨床細胞遺伝学・臨床分子遺伝学)を取得し、希少疾患・生殖医療・神経疾患・がんなど幅広い分野の遺伝子診断とその開発、実装、品質・精度管理等を行う。ワシントン大学医学部病理学科Assistant Professorを経て、2017年より現職。遺伝子診断室の法人化により、Mount Sinai Genomics, Incのクリニカルラボラトリーディレクターを兼任。米国遺伝医学学会では委員を務める。

齋藤 大介(Hackensack Meridian Health, Office of Patient Experience)
2002年ペンタックス㈱入社、医療用内視鏡の海外市場向けプロダクトマネジメント、クリニカルマーケティングに従事。東南アジア及びアフリカを中心に製品企画、臨床評価、各国薬事対応、製品販売戦略に携わる。2010年よりコニカミノルタ㈱にて光学医療機器及び医療用診断薬における欧米KOLマネジメント、研究会運営、臨床試験及びFDA申請に従事。2023年よりベッドサイドで直接的なPatient careにも従事し医療サービス享受者の立場を理解する。書籍Biomarkers for Traumatic Brain Injuryチャプターオーサー。コロンビアサザン大学ヘルスケア経営大学院(MHAMBA)卒業。米国ヘルスケアエグゼクティブ学会(ACHE)正会員。

高橋 俊一(一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン事務局長)

対象者:オープンイノベーションに興味のある方

定員:1,000名(要事前登録)

お問い合わせ先:LINK-J事務局:contact@link-j.org

横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYCのご利用について:本ラウンジは横浜市内企業の皆様に加えて、LINK-J会員の皆様もご利用いただけます。 ご利用、ご予約方法等については、こちらをご確認ください。

LINK-Jからの当イベント告知は、こちらをご確認ください。

 

北米最新ニュース

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

長時間の立ち仕事による足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売を行う横浜発のスタートアップ企業のアルケリス株式会社が、この度、Hi-Lex Control Inc.社へ「アルケリスFXスティック」を導入されました。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、世界有数のバイオテッククラスターである米国ボストンのスタートアップ支援機関CIC...

横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第五回セミナー:2023年を振り返る、米国ライフサイエンス市場の最新動向

横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第五回セミナー:2023年を振り返る、米国ライフサイエンス市場の最新動向

「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」第5回セミナーとして、ヘルスケア・創薬、医療制度、イノベーションカルチャーの切り口で2023年を振り返り、皆様に米国ライフサイエンス・ビジネス環境を取り巻く変化や今後の展望についてお届けします。

【スピンオフ企画】横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナー~卵巣がんをテーマに、アンメットニーズについて診療及び患者ケア目線で掘り下げる~

【スピンオフ企画】横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナー~卵巣がんをテーマに、アンメットニーズについて診療及び患者ケア目線で掘り下げる~

横浜市米州事務所と 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)との連携による「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」では、米国ライフサイエンス・ビジネスに関する最新情報をお届けしています。...

米国の卵巣がん診療におけるアンメットニーズをテーマに、横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナーを開催しました

米国の卵巣がん診療におけるアンメットニーズをテーマに、横浜・LINK-J ライフサイエンス・ラウンジ@NYC第三回セミナーを開催しました

横浜市米州事務所と 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)との連携による「横浜・LINK-Jライフサイエンス・ラウンジ@NYC」では、米国ライフサイエンス・ビジネスに関する最新情報を米国からライブ配信でお届けしています。現地時間2023年6月12日、米国...

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

市内企業アルケリス株式会社の製品が米国工場に初導入

長時間の立ち仕事による足腰の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリス」の企画・開発・販売を行う横浜発のスタートアップ企業のアルケリス株式会社が、この度、Hi-Lex Control Inc.社へ「アルケリスFXスティック」を導入されました。

バルセロナで開催された「スマートシティエキスポ世界会議」において、横浜市が脱炭素化に向けた取組や「GREEN×EXPO 2027」を紹介

バルセロナで開催された「スマートシティエキスポ世界会議」において、横浜市が脱炭素化に向けた取組や「GREEN×EXPO 2027」を紹介

11月7日~9日、スペイン・バルセロナ市で世界最大規模のスマートシティに関する国際会議兼展示会「スマートシティエキスポ世界会議」が開催されました。 来場者約2万5千人、800以上の都市、140以上の国・地域が参加し、500名超のスピーカー、1,000を超える出展がありました。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国ライフサイエンス・ブートキャンプの参加企業を募集します。

米国は世界最大のライフサイエンス市場です。近年、米国市場を目指すバイオベンチャーの動きが活発になっている一方で、市場参入戦略やパートナリングなどにおいて、情報ギャップやネットワーク不足に起因する課題が存在します。そこで、世界有数のバイオテッククラスターである米国ボストンのスタートアップ支援機関CIC...