北米特集記事

SDGs自発的ローカルレビュー(VLR)先行都市の取組レポート

執筆者 | 2020年4月8日 | 特集記事

SDGsを積極的に推進する都市の間で、都市レベルでのSDGsの進捗状況をレビューする自発的ローカルレビュー(VLR)の取組が広がっています。昨年、米国のブルッキングス研究所の呼びかけによって集まったSDGsを推進する都市間のネットワークで、VLRを実施した先行都市の経験が共有されました。そして、ブルッキングス研究所は、横浜市も参加するこのネットワークでの議論と、先行都市のVLRを基に、持続可能な開発を計画するためのツールとしてVLRの有用性と課題を考察するレポートを発表しました。

VLRの実施体制や範囲は都市によって異なるものの、多くの都市で、①SDGs目標と既存の市計画の整合(マッピング)、②SDGsターゲット・指標のローカル化、③既存の市計画の進捗を基にしたレビューというプロセスを経てレビューが実施されています。また、VLRはよりよい政策形成のためのツール、そして、説明責任も含めた対内的・対外的なコミュニケーション・ツールとしての価値が期待されている一方で、都市の状況の違いから、VLRの適用のさせ方は、各都市に自由度を持たせるべきという意見も示されています。

企業の成長戦略としてSDGsに向き合う企業が増えているのと同様に、SDGsは都市の成長戦略と強くリンクします。将来のあるべき姿を定め、目標に向かって何をするか、SDGsの自発的ローカルレビューは、都市がいかに成長するかの成長戦略のあり方にも示唆を与えてくれます。

ブルッキングス研究所レポート及び各先行都市のVLRの情報を基に作成したレポートは、こちらからダウンロードいただけます。

 

関連リンク:

ブルッキングス研究所レポート「Next generation urban planning: Enabling sustainable development at the local level through voluntary local reviews (VLRs)」

北米最新特集記事

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

ボストンの気候テック・エコシステム⑤:気候テック・スタートアップへの重層的な支援

前項まで、ボストンの気候テック・エコシステムの主要なハブとして、グリーンタウン・ラボ、MIT、マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センターを取り上げてきたが、ボストンを中心にマサチューセッツ州内には、気候テック・スタートアップを支えるまだまだ多くの支援機関やプログラムが存在する。【インキュベータ...

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

ボストンの気候テックエコシステム④:気候テックの実証促進「マサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター」

気候テックの多くは、商用化までに長い年月を要するため、民間投資のみで成長させることが難しく、公的な支援が必要とされている。ボストンの気候テックへの政府系支援で大きな役割を担っているのが、準公的機関であるマサチューセッツ・クリーン・エネルギー・センター(MassCEC)である。[1]...

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

ボストンの気候テックエコシステム③:気候テック人材の源泉「マサチューセッツ工科大学(MIT)」

グリーンタウン・ラボのメンバー企業・卒業企業の創業者は、マサチューセッツ州内の大学出身者であることが多い。特に、マサチューセッツ工科大学(MIT)出身者が創業したスタートアップは、グリーンタウン・ラボの全メンバー企業・卒業企業の中で最も多いおよそ4分の1を占める。[1] このことは、MITがボストン...

米国気候テックイベントとスタートアップの興隆

米国気候テックイベントとスタートアップの興隆

2022年、米国では、気候変動を解決するための技術(以下、気候テック)に関する、実に多彩なイベントが開催された。米国にはシリコンバレーに代表されるように、人材が集まり、新興企業(以下、スタートアップ)が次々と誕生しては淘汰され、その中でイノベーションが創発されるエコシステムが都市や地域に存在する。地...

Indo Japan Cultural Festival に参加

Indo Japan Cultural Festival に参加

1月21日(土)と22日(日)に本市の姉妹都市であるインド・ムンバイ市のWorld Trade Centreで、印日協会主催の「Indo Japan Cultural Festival」...