北米特集記事

ボストン:脱炭素政策

執筆者 | 2022年10月28日 | 特集記事, 脱炭素政策

詳細レポートダウンロード

ボストン市政府は、炭素排出量を2005年レベル比で2030年までに50%減、2050年までに100%減のカーボンニュートラルを実現するという目標に向けて、建物のエネルギー効率向上や炭素排出基準の策定、交通インフラ整備やクリーンな交通手段への移行推進、再生可能エネルギーの供給拡大、カーボンフリーなコミュニティの確立といった脱炭素戦略を推し進めている。

2050年のカーボンニュートラルを目指すボストン市の気候変動実行計画

マーティ・ウォルシュ前ボストン市長(Marty Walsh(1))は2019年10月、2019年気候変動実行計画(CLIMATE ACTION PLAN 2019 UPDATE(2))を発表した。この実行計画は、同市政府が気候変動目標と具体的な政策やプログラムを公開するために2007年に初めて発行したもので、その後2011年、2014年、2019年に情報を更新している(3)。2019年版では、2050年のカーボンニュートラル達成に向け、エネルギー効率アップによる省エネ、稼働に化石燃料を必要としてきたほぼ全ての物のエネルギー転換、100%カーボンフリーの電力購入といった政策が提示された。こうした長期的な目標の達成に向け、2020年から2024年までの脱炭素政策として、①建物、②運輸、③エネルギー供給、④カーボンフリーコミュニティという4つの分野について、以下の18の戦略が掲げられている(4)。

ボストン市2019年気候変動実行計画の分野別脱炭素戦略

分野 概要
建物 オンサイト及びオフサイトの再生可能エネルギーを使用し、化石燃料を排出しないゼロネットカーボン(Zero Net Carbon:ZNC)基準を導入し、これに基づき市庁舎を新設する。
ボストン市内の公営住宅(affordable housing)向けのZNC基準を導入する。
化石燃料を排出するオンサイト設備を使用せず、再生可能エネルギーを使用するオンサイト設備もしくはオフサイトから再生可能エネルギーを調達するZNC基準に準拠するように、グリーンビル土地区画要件を強化する。
市庁舎のエネルギー効率化及び再生エネルギー発電システムに投資する。
特定のサイズを上回る既存の大型ビルについて、炭素排出量を段階的に削減する炭素排出パフォーマンス基準を策定する。
ビル脱炭素化関連の人材育成プログラムを拡大する。2050年までにカーボンニュートラル実現というボストン市の目標に沿うように、マサチューセッツ州のビル建設要件の強化を求める。
運輸 交通サービスが十分に行き届いていない地域での新しい交通プロジェクトや低所得層向け交通料金の設定、新しいバス優先レーンの敷設等、経済発展や大気の質や生活の質の改善につながる、都市交通計画において優先度の高いプロジェクトを支持し、前進させる。
自転車歩行者道や駐輪場の整備等の交通インフラの改善・拡大を通じて、徒歩や自転車での移動「アクティブ・トランスポテーション(active transportation)」を推進する。
運転手一人だけで移動する自動車の数を減らすために、カープールやバイクシェアの奨励、交通パスの提供や駐車場を利用しない人に現金を支給するインセンティブ等で、クリーンな交通手段へのモードシフトを促進する。
市全体における排ガスゼロ車(Zero Emission Vehicle:ZEV)の導入を促進する。
市政府の車両のZEV化及び低排ガス車化を促進する。
エネルギー供給 再生可能エネルギーの利用拡大に向け、市民のかわりに自治体が電力を一括購入するコミュニティ・チョイス・エネルギー(Community Choice Energy:CCE)プログラムを施行・拡充する。
再生可能エネルギー及びその他の高効率でクリーンな発電システム、熱エネルギー貯蔵システム、地熱エネルギーシステム、コジェネレーションシステム等で地域をつなぐカーボンニュートラルなマイクログリッドの導入を計画する。
ボストン市周辺の脱炭素化を推進し、クリーンな電力供給を確保するマサチューセッツ州の政策を支援する。
カーボンフリーコミュニティ 低炭素な製品・サービスや、素材の再利用や中古製品等の利用を奨励し、ボストン市民や事業者による消費側から見た炭素排出を削減する。
ESG投資(5)イニシアチブのパフォーマンス評価や環境配慮型調達(environmentally preferable procurement:EPP)のガイドラインの策定等、ボストン市政府によるグリーンな投資を推進する。
2050年までに現在の90%の炭素排出削減が実現するも、残りの10%はコストや技術の観点から削減が難しいと試算されるなか、近隣の自治体と協力してカーボン・オフセット(6)に関する枠組みを策定する。

出典:2019年気候変動実行計画(CLIMATE ACTION PLAN 2019 UPDATE )(7)

各分野で着実に進歩をみせる脱炭素戦略

2021年3月に退任したウォルシュ氏に代わりミシェル・ウー氏(Michelle Wu)が市長となったボストン市政府は、2019年気候変動実行計画の進捗を、2021年10月に更新した気候変動実行計画2021年度レポート(CLIMATE ACTION Fiscal Year 2021 Report(8))で公開している。また、ボストン市政府の脱炭素関連プログラムサイト(9)においても、2019年気候変動実行計画に基づいて導入されたプログラムが複数紹介されている。上述の脱炭素政策での5つの分野における主な成果を以下にまとめる(10)。

建物

  • 市庁舎及び公営住宅向けのZNC基準を2019年に策定。
  • ボストン計画開発局(Boston Planning and Development Agency:BPDA)が2020年にZNC基準に沿うよう土地区画要件を強化するためのZNCビル区画イニシアチブ(Zero Net Carbon Building Zoning Initiative)を発足(11)。
  • 既存の大型ビル向けの炭素排出パフォーマンス基準を策定。
  • 既存の大型ビル向けの新しい再生可能エネルギー・修繕金融メカニズムを策定。

運輸

  • ZEV導入促進に向けた長期戦略「ZEVロードマップ(12)」を2020年11月に発表。
  • ボストン市の一部労働者に最大60ドル分のバス・地下鉄パスを提供するパイロットプロジェクトを実施(13)。
  • 地元電力会社や地域開発機構( regional planning agency)と連携し、低所得層向けの電気自動車(Electric Vehicle:EV)シェアリングプログラム「Good2Go(14)」を導入。
  • ビル所有者、事業主及びボストン住民向けのEV充電ステーション設置の利点や手続き等に関するガイドを提供する啓蒙プログラム「リチャージ・ボストン(Recharge Boston)」を導入(15)。

 エネルギー供給

  • ボストン市民に再生可能エネルギーによる手頃な価格の電力を提供するCCEプログラムを導入。
  • ボストン市民の電気代から徴収した資金をエネルギー効率化のための取り組みに充当するイニシアチブ「リニュー・ボストン・トラスト(Renew Boston Trust)」フェーズ1を実施。

カーボンフリーコミュニティ

  • コミュニティにおける大気汚染削減及び公衆衛生向上を目的としたプロジェクトに投資するコミュニティ・クリーン・エア・グラント(Community Clean Air Grants)プログラムを導入。
  • ボストン市民に対する市政府の脱炭素政策についての啓蒙活動や、関連規制策定プロセスについてのパブリックコメント募集を実施。

詳細レポートダウンロード 

 

関連記事

出典

  1. 2021年3月22日をもって市長職を辞任し、翌23日にバイデン政権の労働長官に就任している。
  2. https://www.boston.gov/sites/default/files/embed/file/2019-10/city_of_boston_2019_climate_action_plan_update_4.pdf
  3. https://www.boston.gov/sites/default/files/file/2021/10/FY21%20Boston%20Climate%20Action%20Report_2.pdf
  4. https://www.boston.gov/sites/default/files/embed/file/2019-10/city_of_boston_2019_climate_action_plan_update_4.pdf
  5. 従来の財務情報だけではなく、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の要素も考慮した投資のこと。
  6. 削減しきれない温室効果ガスの排出について、排出の削減活動への投資や排出量をクレジットとして購入するといった方法で埋め合わせる考え方のこと。
  7. https://www.boston.gov/sites/default/files/embed/file/2019-10/city_of_boston_2019_climate_action_plan_update_4.pdf
  8. https://www.boston.gov/sites/default/files/file/2021/10/FY21%20Boston%20Climate%20Action%20Report_2.pdf
  9. https://www.boston.gov/environment-and-energy/reducing-emissions#programs
  10. 気候変動実行計画2021年度レポートについては、ボストン市環境局長の挨拶ページから主な成果を抜粋している。
  11. http://www.bostonplans.org/planning/planning-initiatives/zero-net-carbon-building-zoning-initiative
  12. https://www.boston.gov/sites/default/files/file/2020/10/Boston%20ZEV%20Roadmap_1.pdf
  13. https://www.masstransitmag.com/management/press-release/21249442/city-of-boston-results-from-boston-transportation-departments-main-streets-pilot-show-public-transit-subsidies-for-employees-increases-ridership-eases-financial-burdens
  14. https://good2go.zendesk.com/hc/en-us/articles/4505628992539-What-can-I-do-as-a-Good2Go-member-
  15. https://www.boston.gov/departments/transportation/recharge-boston-electric-vehicle-resources

北米最新特集記事

世界最大級のスタートアップ・テックカンファレンス「WEB SUMMIT」がリスボンで開催

世界最大級のスタートアップ・テックカンファレンス「WEB SUMMIT」がリスボンで開催

11月1日(火)から4日(金)まで、ポルトガル・リスボンにおいて、WEB SUMMITが開催された。2010年にアイルランドで第1回が開催され、2016年からは開催地をリスボンに移し、今回で11回目の開催。世界160か国から7万人以上が参加し、約2,300のスタートアップ、そして1千人以上の投資家が参加し、商談やピッチイベント、講演やセッションなどが執り行われた。

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア:気候テックエコシステム

サンフランシスコ・ベイエリア発の気候テックスタートアップは、多くのベンチャー投資を集めている。プロフェッショナルサービス大手PwCの調査によれば、2020年後半から2021年前半にかけて世界最大の気候テック投資となる566億ドルを集めた北米において、最も活発な投資ハブとされたのがサンフランシスコ・ベ...

サンフランシスコ・ベイエリア:脱炭素政策

サンフランシスコ・ベイエリア:脱炭素政策

サンフランシスコ市政府は早くから「環境正義」を柱の一つに掲げ、継続的に気候変動政策に取り組んできた。「環境正義」について、米国環境保護庁は「環境関連の法規制や政策の策定、実施、施行に関して、人種や肌の色、国籍や所得に関係なく、すべての人々が公平に扱われ、有意義に関与すること」と説明している

コロンビア大学(Columbia University):後編

コロンビア大学(Columbia University):後編

コロンビア大学は、学内でのイノベーションエコシステム構築に加え、自治体や同じくニューヨーク市に拠点を構える多くの大学と連携した取り組みにも加わっている。そこで後編では、コロンビア大学も含め、ニューヨーク市に数多く集まる大学間の連携を核とするイニシアチブとして特徴的なNYC Media...

横浜市国際局長らが姉妹都市提携45周年を迎えたコンスタンツァ市を訪問。オデーサ市も含め姉妹都市三都市面会を実施

横浜市国際局長らが姉妹都市提携45周年を迎えたコンスタンツァ市を訪問。オデーサ市も含め姉妹都市三都市面会を実施

11月11日から13日までの間、横浜市国際局長らが、姉妹都市提携45周年を迎えたコンスタンツァ市(ルーマニア)を訪問し、ヴェルジル・チツァック(Vergil Chitac)市長と面会し、両市の友好関係を確認するとともに、今後の一層の連携促進に向け意見交換を行いました。同面会には、両市と姉妹都市関係にあるオデーサ市(ウクライナ)からセルギー・テトゥユヒン副市長らも同席し、姉妹都市三都市間でウクライナ支援に関する意見交換などを行いました。

世界最大級のスタートアップ・テックカンファレンス「WEB SUMMIT」がリスボンで開催

世界最大級のスタートアップ・テックカンファレンス「WEB SUMMIT」がリスボンで開催

11月1日(火)から4日(金)まで、ポルトガル・リスボンにおいて、WEB SUMMITが開催された。2010年にアイルランドで第1回が開催され、2016年からは開催地をリスボンに移し、今回で11回目の開催。世界160か国から7万人以上が参加し、約2,300のスタートアップ、そして1千人以上の投資家が参加し、商談やピッチイベント、講演やセッションなどが執り行われた。